January 14, 2012

finale2011 よく使う音符編集

☆音符を選んで編集

1. ステップ入力
2. Ctrl + クリック

で、入力ずみの音符を選ぶ。

 その後、

H 隠す
¥ エンハーモニクス
Ctrl + Shift+- 臨時記号表示
Ctrl + F タイの向き逆転

☆道具箱

 タイの形、符頭の形、旗の形、、、など

| | Comments (0)

July 15, 2011

校正後・修正作業

 年内の発表を目指して譜面浄書しています。
 
 信頼できる先輩ギタリストに校正をお願いして、いただいたアドバイスをもとに修正をかけています。

 言われたとおりに直してみると、大分、見やすい譜面になるもので、はー、すごいもんだね、と感心しながら作業しています。

 本日覚えたfinale2011の使い方:

○ 連符の記号の動かし方

 細かにレイアウトを調整しないと見やすい譜面にはならないもんですね。

| | Comments (0)

May 26, 2011

finale2011(その7)コーダ切れ

 プラグイン「コーダ切れ」などについて。

 まっさらな譜面(音符なし)にコーダ切れを設定する場合は、問題なくできる。

○バグかも。
1. 音符を入力すみの譜面に「コーダ切れ」を設定する際、セーニョ記号、to Codaの記号を入れる小節を指定するのだが、それが番号どおりに行かない(1個ずれる)ときがあるようだ。

2. テキストデータを小節に帰属させるときも、指定する小節番号が、1個ずれる。

○対処法
 適正な小節に、情報が張り付くように、不本意ながら小節番号をずらして指定している。ただ、正しい状態で再現性のあるデータになっているのかどうかが不安です。
 

| | Comments (0)

May 24, 2011

finale2011(その6)

 「はぐれ雲」の浄書。
 ずいぶん昔に現代ギター誌に掲載したことがありましたが、細部を改定して作りなおしています。
 これも、encoreからmidiデータを生成して、そのmidiデータをもとに作業しています。

 今日は、ダウンピッキング、アップピッキングの記号を発見(いまごろかよ~)
 ジャカジャカ弾く部分があるので、この記号は必要ですね。

 譜面集は、年内完成を目標にしています。

| | Comments (0)

May 20, 2011

finale2011(その5)

 encoreから生成したmidiデータをもとに、milonga tristeの浄書をしました。

1. midiデータ(声部ごとに別トラックにしてスタンダードmidiデータ・フォーマット1でセーブしたもの)
をfinale2011で読み込み。たとえば3声部だと五線譜3段になって表示される。

2. 声部ごとにレイヤーをわけてから、五線譜1段にまとめる。そのデータをコピー。

3. 雛形ファイル(タイトルのフォント、マージンなどを指定ずみ)をファイルを読み出して、データをペースト。

4. 使いやすい譜面になるよう編集。実質的な作業はここだけ。頭を使わないルーチンワークになっているので、トラブルさえなければ速い速い。
 
 コンピュータで浄書とはいえ、紙はものすごく消費します。プリントしないとチェックできませんから。
 

| | Comments (0)

May 19, 2011

finale2011(その4)

 「コーダ切れ」のプラグインが正常に働かない箇所あり。って、以前も指摘したんだけど。またも、その餌食に、、、。

 つけたしつけたしでバージョンアップしているソフトにありがちな欠陥だ。

 midiデータと違って、楽譜の情報量は桁違いですからね。それを矛盾なくハンドリングするためのデータフォーマットをはじめから想定するのは難しかったんだろうなと思います。
 自分ならどうするかな~。

 文句を言いながら浄書作業していますが、finaleの開発部隊にシンパシーも感じるわけです。

 それにしても、、、ギターの譜面は、狭いところに3声部入れたり、細かい作業が多くて、目が痛いです。

| | Comments (0)

May 18, 2011

finale2011 (その3)

 曲集発表に向けて浄書作業もおおづめ。

 編曲譜面のレイアウト作業:
1. マージンを決める
2. ページあたりの段数を決める
3. 1段あたりの小節数を見やすく配置

 見直し作業:
1. 見難い箇所・間違った書き方の箇所がないか。あれば修正。
2. 指使いは適切についているか。

 脳内では、すでに終わっている作業なんですけど!

| | Comments (0)

April 07, 2011

finale2011(その3)

 震災と原発事故で心が疲れてしまい、3/11以来、仕事をする気がおきません。

 しかし、被災のど真ん中でたくましく生きている人も一方にいるわけですから、このまま無為に時間を過ごすのもけない、と無理やりですが、残っていた浄書をぐんぐん進めました。

 Mi refugioの音符は全部入力し、あとは、表現に関わる指示を入力するだけです。

 美しい譜面という点で、プロの浄書屋さんに勝てるわけもありませんが、編曲の内容とギタリストの立場にたったレイアウトで勝負です。

 悔いのないようにやるべき仕事をしっかりやっていきたいと思います。

※ finale2011は、五線譜の移動が楽になりました。なんで最初からこういう仕様になっていなかったのか不思議ですが、いろいろ事情もあるんでしょう。
 

| | Comments (0)

February 18, 2011

finale2011(その2)

 ソロギター編曲「Mi refugio」の譜面化作業をしています。
 ずいぶん昔に現代ギター誌に掲載したバージョンから推敲に推敲を重ね、CD「タンゴとギター」に収録した決定版。
 
 やっと半分まで音符を入力した~。

 意図が伝わるような書き方、、、、そんなこと考えて入力しているので、予想以上に時間がかかります。
 
 今日中に音符くらいは入れたいで~す。

| | Comments (0)

February 14, 2011

finale2011(その1)

 2010で途中まで作ったデータを2011で編集してみました。

 大きく変更された点はないけど、五線譜ツールは使いやすくなりました。間隔を手作業で決めるとき、思い通りに動かなくてイライラ、ということがなくなりましたね。それだけでもバージョンアップしてよかったです。

 自分の場合、ごくノーマルなギター譜が作れればよいので、十分な機能があると思います。音を再生してみても、なかなかギターらしい感じで再現してくれるので(そういう楽譜だから当然ではありますが)気分いいです。

 雛形ファイルも作ったし、がんばれば一日1曲くらい浄書できそう。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧