October 07, 2019

機材自作(ABボックス)

 ABボックスを作成しました。

 エフェクター自作の初歩の工作です。

 スイッチを踏むと、入力された信号が、Aから出力、Bから出力って切り替わる機能があります。

 エフェクターというほどではないけれど、LEDを光らせるために電源を用意したり、信号の流れを変えるための3PDPスイッチの仕組みを理解したり、その活用方法を学んだりするのに適した題材です。

 だから、工作の第一歩を学ぶために作りました。

 作ってみたかった、、、、だけです笑

 

 で、一体、いつ使うのか?ですが、エレアコを弾く機会があれば、その時、使うかも!って感じです。

 このABボックスをエフェクターボードの入り口にしておけば、チューナーアウトと本線を分けることができます。

 自分の場合、使う機会はすごく少なそうだけどね笑 

 Abbox

 

| | Comments (0)

July 17, 2019

機材の紹介(エレアコ関連)

 昨日は、富田喜子さんの歌の教室の発表会で伴奏を務めてまいりました(会場は、大田文化の森・小ホール)。

 使用楽器、機材は以下の通りです。

 7弦ギター(河野改)+Anthem SL Classical(L.R. Baggs) + BodyREZ( tc electoronic) + Para Acoustic DI (L.R. Baggs)

 バランス出力は会場の卓、アンバランス出力は自分用のモニターSRM150(Mackie)に接続。

  自分でリバーブの管理をしたいときは、Para Acoustic DIのFXsend-return端子に、PicoVerb(ALESIS)を挟むんですが、今回は、会場のPAに任せた方が良いと判断し、リバーブはつないでいません。

 BodyREZは、今回初めて使ってみました。これは、ピエゾピックアップの音をアコースティックな雰囲気にエンハンスする機材です。1個しか付いていないつまみ(エンハンス具合の調整つまみ)は、ゼロにして使いました。それでも十分効果が感じられました。
 フットスイッチを長押しすると、出力がミュートされるので、チューニングするときにも便利に活用できます。

 以上の機材で、問題なく楽しく演奏してまいりました!

  Img_20190716_150306  Img_20190716_101347Img_20190716_101352

 

 

 

| | Comments (0)