April 15, 2020

エフェクター ZOOM MS-50G

  楽しいエレクトリック・ギター用のエフェクターの話題。

 このZOOM MS-50Gは、2012年に発売され、今でも、人気のあるエフェクターです。

 これ、1台の中に100個以上のエフェクターが入ってます。しかも、その100個のうち何個かは、有名メーカーの定番エフェクターをモデリングしてたりするわけです。例 BOSS OD-1 CE-5,IBANEZ (MAXON)TS,MXR CARBON COPY,TC CORONA CHORUS,などなど、、、。

 本物になりすますエフェクターとも言えますが、実際、使ってみると、完成度がすごいし、使いやすいです。

 個人的には、TS系オーバードライブ、オクターバー、オートワウ、カーボンコピー、テープエコーあたりが好きです。

 特に、TS系オーバードライブは、すごいですよ。デジタルとは思えないリアルさ。

 MS-70CDRっていう空間系に特化したエフェクターも持ってますが、どっちか一個買うんだったら、ZOOM MS-50Gをお勧めします。というのは、主だった空間系は、どっちにも入ってるし、ZOOM MS-50Gの方は、オーバードライブも入ってるので、こっちの方が広く使えるから。エレアコにも使えますよ。

 ZOOMの開発の人って優秀なんだろうなー。

| | Comments (0)

February 28, 2020

機材研究(2020/2/27)

 中止になったけど、明日の本番があったとして、、、機材研究。

 会場が音楽用でなかった場合は、生音で演奏できないかもしれないので、自分で操作できるなるべく小さいPAを組んでみました。

 DPA4060、MACKIE MIX12FX、MACKIE SRM150

です。

 MACKIE MIX12FXは、最近、購入したので、動作確認もかねて繋いでみました。

以前、使っていたBEHRINGER XENYX 1202FXと同価格帯のミキサーですが、これとの比較でみていくと、

1. 大きさは、BEHRINGERのほうが少し小さい。可搬性はBEHRINGERの勝ち。

2.マイクプリ MACKIEは透明でカチッとした音、BEHRINGERは柔らかくぼんやりした音。自分はMACKIEの方が好みです。

3. 内臓エフェクター 種類はBEHRINGERの圧勝。音質は、MACKIEの方が良いかも。自分はMACKIEの方が好みです。でも、どっちも安いエフェクターなので、質に大した差はなさそうです。

4. 使い勝手 MACKIEの方がゆとりを持ってノブ類が配置されているためか、少し使いやすいかもしれないけど、大差ないかな。どっちもどっち。

5. 見た目 どっちもチープではあるけど、MACKIEの方がゴツいデザイン、BEHRINGERの方が洗練されて見える。

 自分にとっては、2,3の点からMACKIEの方がいいかな。ただ、マイクプリがいいと言っても、MACKIE 1202VLZとかに内臓されてるものよりは劣るような気はしました。MACKIE 1202VLZのマイクプリは、本当に、力強くていい音ですからね。だけど、小さい音だと違いはわからないと思います。

 で、リバーブも必要ないなって会場の場合は、DPA4060とMACKIE SRM150だけでいける。MACKIE SRM150の素晴らしいところは、ファンタム電源を供給できる点です。イコライザーもよく効くし。

 なーんていう動作確認をしてました。













 

 

| | Comments (0)

February 22, 2020

機材紹介(エフェクター)その4「EXOTIC RC BOOSTER」

 

 エレクトリックギター周辺機器の気楽な話題。

 EXOTICのRC BOOSTER(Ver.2) エフェクトボードの入り口にクリーン・ブースターとして置いています。

 ブースターにもいろんなのがあるんですが、これの特徴は、「トーンコントロール付き」「ブースター2段階オンオフ」という点です。


 自分は、トーン・コントロールのベースを0にして、SA2000Sのフロントのハムバッカー(Seymour Duncan Pearly Gates)の低音が出過ぎな点をなくしています。そのため、ギターの直後に繋いでいます。

 また1段階目のゲインはほぼ0です。歪ませたくないので。

 左のペダルで、2段目のブースターを加えることもできますが、滅多に使うことはなさそうです。

 このブースターを通した音は、しわざとらしくなく密度が高くなるような感じがします。ないよりあった方が断然弾きやすい良い音になると思います。

 自分の場合、クラシック・ジャズ的なクリーントーンが基準になるので、音の入り口は大事ってことですね。まあ、フルアコならアンプ直結でいいんですけどね。

 

 

| | Comments (0)

February 18, 2020

BASS VI

★ SQUIER(by FENDER) BASS VI

 日頃の練習のおともに、ベースが欲しいなと常々思っていたのですが、ギター感覚で弾けそうなBASS VIを購入しました。

 見た目は、まるでギター(FENDER JAGGERを少し大きくした感じ)ですが、実態は、ショートスケールのベースです。チューニングもちゃんと、ギターの1オクターブ下になっております。見た目はギター、音はベース、そういう楽器です。ベースとしての機能は、プレシジョンベースとかジャズベースみたいな王道をいく楽器に比べたら劣ると思うけど、FENDERも公式に、これはギターじゃなくてベースなんだ!と説明してます。

 これから活用していくのが楽しみです!

https://shop.fender.com/ja-JP/squier-electric-basses/other/classic-vibe-bass-vi/0374580506.html

 

| | Comments (0)

February 16, 2020

機材紹介(エフェクター)その3「BOSS LS-2」

Boss-ls2-lineselector

 LS-2は、ミキサーがペダルになったようなエフェクターです。

自分は、AループにNEO CLONE、BループにROCTARYを入れておき、THROUGH,A,Bを切り替えるためのスイッチャーとして使っています。

 A,Bループは、GAINも調整できます。これも、すごく便利。というか、この機能が重要です。例えば、Aループに何も繋がないで、GAINだけ上げておくと、ブースターとして機能します。関心のある方は、調べてみてください。

 BOSSのコンパクトエフェクターは、すべて大好きですが、中でも、このLS-2は、最高傑作の一つだと思います。

 

 

| | Comments (0)

February 13, 2020

機材紹介(エフェクター)その2「ELECTRO-HARMONIX NEO CLONE」

Neoclone_20200211225501 シンプルなコーラスです。

 DEPTHトグルスイッチで深さを2段階に切り替えられるんですが、この2段階に割り切ってるところがすごく使いやすい。どちらのモードもすごくいいです。いざとなれば、演奏中トグルスイッチをつま先で操作することもできます。色々なコーラスを試しましたが、自分はこれが一番好きなコーラスです。音が気に入って、操作も簡単となれば、言うことなしです。

 新品で買っても安い(多分7000くらい)んだけど、本当に気にいるかどうかわからなかったので、中古を買いました(4000くらい)。でも、万一、これが壊れたら、新品を買いますよ。

 

| | Comments (0)

February 10, 2020

機材紹介(エフェクター)その1「NUX ROCTARY」

Roctary

気楽な話題。エレクトリックギター用のエフェクターボードに入れている機材の紹介。

NUXは中国のメーカーで、ROCTARYは、ロータリースピーカーのシミュレーターです。

こちらのエフェクターすごく気に入っております。

1. ドライブサウンドも作れるし、さらにオクターバー(+1,-1オクターブを付け足せる)にもなる。

2. 1で作った音に対し、ロータリースピーカーの効果をペダルでONOFFできる。2個のペダル同時押しで、回転が止まり、右のペダルを押すと回転スピードを2段階に切り替えられる。さらに、EXPペダルを繋げば、ロータリースピーカーの回転速度を自由にコントロールもできる。

こちらのエフェクター、昨年8月、ブエノスアイレスのラバジェ通りのLFNMUSICSOUNDで買いました。

何も中国製のエフェクターを南米で買わんでも(笑)と思うでしょうけど、こういうのは出会いなので、これでいいんです。

ショーウインドーに飾ってあったのが、すごく良さそうに見えて、試奏させてもらって即買いでした。

実際、日本ではほとんどお目にかかれないエフェクターです。持ってる人少ないと思う。

LFNMUSICSOUNDすごく親切なお店だったし、また、次の機会にも何か買って来ようと思ってます。

https://g.page/lfnmusicsound?share

http://nuxefx.com/

| | Comments (0)

January 22, 2020

エレアコ(ピエゾピックアップ搭載)の出力

 「ピエゾピックアップを搭載したギターの音をどのように出力するか。」問題について。

 最近、「ROLAND AC-33のラインアウトからDI経由でPA渡し。AC-33の出音をそのままモニターに使う」って方法を実験しています。

 これが、かなりいい音でいけそうなんですよね。AC-33のプリ部が、ギターに最適化されているからなんでしょうね。

  ちなみに、AC-33をヤマハSA-2000S(エレクトリックギター)用に使えないか?と試してみていますが、クリーントーンで弾く前提だと、かなり使えそうです。たまに歪ませる必要がある時は、エフェクターで歪ませて使えばいいわけですし。

 AC-33は、独立した入力端子が2箇所ついています。ということは、エレアコとエレクトリックと二本持ちかえるとして、これ一台でいけるのかも?と、演奏そのものじゃない部分に妄想を膨らませてワクワクしている今日この頃です。

| | Comments (0)

December 25, 2019

DUNCAN SH-PG1N(Pearly Gates)修理

 SA2000Sに搭載してあるDUNCAN SH-PG1Nですが、時々音が出なくなり、グラグラ揺すったりするとまた音が出るようになるという症状がありました。

 ピックアップの側面の特定の場所に指を触れると音が出たり出なかったりするのがわかったので、テープを剥がして調べたところ、あからさまにグランドに落ちるハンダが外れてました!これで音が出る時もあったってことが信じられないくらいぽろっととれてました。

 場所さえわかれば、こっちのもんです。ハンダづけしなおしたところ、完璧に治った!自力で直せる範囲でよかった。

 しかも、実験した結果、ちょっと前にした回路周りのノイズ対策が功を奏してか、アンプから漏れるノイズはほぼゼロです。

 これで安心してSA2000Sをライブで使えます。

 30年前はピック弾きでしたけど、今は、エレクトリックギターも指弾きです。ひとまずSA2000SにはダダリオのEXL115(011-049ラウンドワウンドのセット)を張って、ほんとに毎日数時間ジャズの練習してます。

 一周してジャズに戻ってきたって感じですが、ジャズから離れていた期間に研究してきた機能和声とフレージングの単位、リズムの関わりっていう視点からアドリブの方向性を見直しています。ギター人生のうち、自分は今そういう時期にいるってことなんでしょうね。

 それはともかく、エレクトリックギターも楽しいですね!指で弾くようになってから、これも自分の声だなって思えてきて、新鮮な喜びを感じています。でも、披露する演奏会の予定はないので、そのうちYOUTUBEにあげようかなって思ってます。

 ちなみにフルアコも持ってますが、セミアコをいじるのが一段落したら、また引っ張り出してきて弾こうかな!

 

| | Comments (0)

December 05, 2019

ルーパー BOSS RC-1 (機材)

機材のお話。

 エレアコ、エレクトリックギターをこれに繋いで、演奏すると録音でき、永遠に繰り返し再生、多重録音ができるというエフェクター?です。

 自分では、伴奏を録音してマイナスワンを作り、ループさせてアドリブの練習に使っています。

 この機材の良さは、シーケンサーと違って、自分の演奏そのものを簡単操作で記録できる点です。しかも嫌がらずにずっと自分の練習に付き合ってくれるすごい相棒です。

 ただし、録音できるのは、1つのデータだけなので、いくつも録音データをとっておきたい人は上位機種を買うか、これを複数所有する(笑)かするのがいいのかな?と思います。

 ちなみに、自分は、TC ELECTRONIC DITTO LOOPERも持っています。こちらも、自分の使い方では、機能的に十分なので、並行して使っています。RC-1より録音可能時間が少し短いけれど、十分な長さがあります。

 

 

| | Comments (0)