September 23, 2019

録音機材 ZOOM R16

 今年の4月にヤフオクで入手したデジタルマルチトラックレコーダー ZOOM R16のお話。

 実は、入手して早々にoutput VOLが空転する不具合があることには気づいていて、ケチらず新品で買えばよかったなー、でも、まあ使えるからいいか、と7月頭まで使ってきました。

 レコーディングにも使ったし、Youtube用の動画を撮るとき、2本のマイクをまとめるミキサーとしても使いました。

 そして、昨日、またレコーディングで使う、しかも、今日で録音は完了させなければいけない、という時になって、まさかの「音が出ない」「録音もできない」という不具合、、、、。

 H4で代用することも考えましたが、どうにかならないものかとoutput VOLに556を吹いたり、グリグリ刺激を与えたりしているうちに、なぜか、再生だけでなく録音機能も復活。

 どうにかレコーディングをやり遂げることができました。

 さて、このお話は、ここからが本題です。

 ZOOM R16はそんなに高い機材ではありません。新品で30000もしないのです。

 だったら、そんな不具合のある機材は捨てて、新品を買えばいいじゃんという意見もあるかと思いますが、修理費4000から15000の間で直せそうなことがZOOM カスタマーサポートセンターのHPには書いてあったので、修理を依頼することにしました。

 ZOOM カスタマーサポートセンターは、調べるとユーザーの評判が良いですね。神対応とか、意外と安く直してもらえたとかいい評判が聞こえてきます。修理はなんと送料メーカー持ちで引き受けてくれます。

https://www.zoom.jp/afterservice/

 今回は、先方着払いで送りました。

 昨日は、中古品なんか買うんじゃなかった、と後悔していましたが、ZOOMの素晴らしいサポート体制に触れることができて、だいぶ、気持ちが立ち直ってきました笑。

 修理されて戻ってきたら、また報告しますね。

| | Comments (0)

March 27, 2019

Digital Performer10(その1)

ボルドーナ音楽研究所でのレコーディング、ミキシング、マスタリングのため、Digital Performer10(DP10)を導入しました。


https://ja.wikipedia.org/wiki/Digital_Performer


 1990年ごろから使い始めたPerformer(MIDIデータのみ扱う)は、通信カラオケのデータ作成のお仕事で使っていたため、知らない機能はない、くらいのところまで使いこなせるようになりましたが、その後、DigitalPerformerになってからは、これは、自分には不要だ、と思い、バージョンアップせずに放置していました。 


 2014年に、DigitalPerformer8(DP8)にバージョンアップ。Performerの時と使用目的が違い、レコーディング、ミキシング、マスタリングまで自分で完結するのが目的です。ます。ただ、実際には、レコーディングの機会がないまま、これは、ほぼ使わないままで、今日にいたります。


 で、先週2019年3/22、必要に迫られ、しばらくぶりにDP8を立ち上げたら、現在のmacOS Mojaveと相性が悪いらしく、動かなーい。


 調べて見ますと、今年、DP10が発表されたばかりだったので、もうバージョンアップするしかないね、ということで、一気にDP10のユーザーになりました(DP9はとばしました)。


 しばらく、使ってなかったソフトなので、最初はちんぷんかんぷんでしたが、ここ3日間のお勉強で、だいぶわかってきました。


 DPはネットにも情報が少ないので、これから、自分で使いこなせるようになって、時折、情報を発信していけたらな、と思います。作った音源もここに載せられたら載せます。

| | Comments (0)