« Alma ,Corazón y Vida リモート演奏動画 | Main | 本日の研究(2020/6/29) »

June 27, 2020

アルゼンチンのギター音楽(その4)

ABEL FLEURYの作品 TRINOS Y ALAS(chacarera simple)を弾いてみました。

https://youtu.be/2MX6t3hEajM

 

作品解説:

 アルゼンチン最古の都市、サンチャゴデエステーロを代表するフォルクローレ、チャカレーラの形式で作られたギター独奏曲です。

 チャカレーラの仲間には、シンプレ、ドブレ、ガトー、エスコンディードなどがありますが、この曲は、もっとも原始的で基本的なシンプレです。 

 チャカレーラ・シンプレの構成は、

「コードかき鳴らしーintro-estrofa(8小節)-intro-estrofa(8小節)ーintro-estrofa8小節)estribillo(8小節)」×2
となっています。

 この譜面には、コードかき鳴らしの部分は、書いていないのですが、ここは、付け加えて演奏するのが正しい方法だし、おそらく、作者もそれを期待しているはずなので、しっかり、弾いておきました。

 そう、これで、踊れるはずです!

 

録音機材:

マイク AMATERAS 8087

マイクプリアンプ presonus tubepre(VER1の方です!) 、AMATERAS Linetrans 0001

録音ZOOM R16

ビデオ Zoom Q2n

音の編集ソフト Digital Performer10

動画編集ソフト Powerdirector 17

 

 

 

|

« Alma ,Corazón y Vida リモート演奏動画 | Main | 本日の研究(2020/6/29) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Alma ,Corazón y Vida リモート演奏動画 | Main | 本日の研究(2020/6/29) »