« ROMANCE DE VIENTO Y QUENA (リモート合奏) | Main | 楽譜ダウンロード販売いよいよ! »

June 12, 2020

本日の研究(2020/6/11)

★弦交換

 SA2000Sの弦をダダリオEJ21からダダリオEXL115に戻しました。

EJ21だと張りが強すぎて指弾きでは鳴らないので、その前に張っていたEXL115だと、だいぶ柔らかく感じて、十分しならせて弾くことができます。セミアコは、フルアコよりも、ソリッドよりなんでしょうね。

★ブルース研究

 結局、「歌う」フレージングって言うことだと、マイナーペンタトニックスケールとかマイナースケールが歌える。これ、結局、コードの三度を回避したスケールですよね。コードの三度を弾かない方が歌えるっていうことが、ブルースはそもそもコードの音楽ではなかったという出自を表しているように思えてなりません。

|

« ROMANCE DE VIENTO Y QUENA (リモート合奏) | Main | 楽譜ダウンロード販売いよいよ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ROMANCE DE VIENTO Y QUENA (リモート合奏) | Main | 楽譜ダウンロード販売いよいよ! »