« June 2019 | Main | September 2019 »

July 17, 2019

機材の紹介(エレアコ関連)

 昨日は、富田喜子さんの歌の教室の発表会で伴奏を務めてまいりました(会場は、大田文化の森・小ホール)。

 使用楽器、機材は以下の通りです。

 7弦ギター(河野改)+Anthem SL Classical(L.R. Baggs) + BodyREZ( tc electoronic) + Para Acoustic DI (L.R. Baggs)

 バランス出力は会場の卓、アンバランス出力は自分用のモニターSRM150(Mackie)に接続。

  自分でリバーブの管理をしたいときは、Para Acoustic DIのFXsend-return端子に、PicoVerb(ALESIS)を挟むんですが、今回は、会場のPAに任せた方が良いと判断し、リバーブはつないでいません。

 BodyREZは、今回初めて使ってみました。これは、ピエゾピックアップの音をアコースティックな雰囲気にエンハンスする機材です。1個しか付いていないつまみ(エンハンス具合の調整つまみ)は、ゼロにして使いました。それでも十分効果が感じられました。
 フットスイッチを長押しすると、出力がミュートされるので、チューニングするときにも便利に活用できます。

 以上の機材で、問題なく楽しく演奏してまいりました!

  Img_20190716_150306  Img_20190716_101347Img_20190716_101352

 

 

 

| | Comments (0)

July 13, 2019

ピックアップ(LR BAGGS Anthem SL classical )(その3)

 サブの7弦ギターにも、LR BAGGS Anthem SL classical を載せてみました。

 必要な穴は加工済みでしたので、1時間もかからないくらいで作業できました。

Anthemslclassical

ちなみに、このギターは、大もとは河野の20号(定価200000だけど中古で購入したので130000でした。)の7弦ギターですが、そもそもの設計に重大な欠陥があって、「6弦ギターのネックに無理やり7本の弦を張る(弦間が狭すぎです。)」という構造でした。

 この弦間ではまともに使えないじゃん、と気づいたのは、購入して少し経ってからで、後の祭りではあったのですが、その後、ギター製作家の松井邦義さんにお願いして、7弦用のネック(当然、弦間は、6弦ギターと同じにしていただきました。)に付け替えていただいて、正しい形に生まれ変わった、というギターなのです。

 ここ数年、弾く機会がなかったんですが、この機会に、どんどん活用していこうと思います。音は素晴らしいです。

 

 さて、ピエゾ・ピックアップ搭載にあたり、どういう加工すればいいのかは、もうわかったので、今後は、ゼロからでも自分でできます。

 自力でやりたいというDIY好きな人からの相談も受け付けますよ(笑)。一緒にやってみましょう!

 

  

 

| | Comments (0)

July 11, 2019

ピックアップ(LR BAGGS Anthem SL classical )(その2)

 その後、ピックアップの取り付け穴を微調整しました。

 ピックアップを通す穴は6弦側に空けてあったんですが、1弦側にも直径2mmほどの穴をあけてピックアップを両側から支える様にしました。

 これで、1弦の音が、しっかりしました。完成です。

 

 いやー、良い!!これまで使ったピエゾピックアップの中で、最高に良いです。

 あまりに素晴らしいので、追加でもう一個注文しました。

 サブの7弦ギターにも、これを付けてみます!だって、すごくいいんだもん。

 このピックアップなら、LR BAGGS PARA ACOUSTIC DIの様なプリアンプといいリバーブがあれば十分いい音で弾けそうですよ!

  

 

| | Comments (0)

ピックアップ(LR BAGGS Anthem SL classical )

 歌のバックバンドのような、少し大きめの編成で演奏するときは、ガットギター(ナイロン弦)にピックアップを付けてエレクトリック化したものを使っています。略称エレガット。

 最近愛用しているのは、CASA NUÑESのギターラ・クリオージャにSHADOWのピエゾピックアップを後付けしたものなのですが、アンプから音を出すと

1. 少しノイズがある。

2. 低音がミシミシなる。

という現象がありました。

 1.は、シールドをさすプラグ部分から6弦の金属被覆に触れるように、弦アースをとってみたら解決しましたが、2の原因がわからず、いっそ、別のピックアップに載せなおしてみるか、、、ということで、LR BAGGS Anthem SL Classical に載せ直してみました。

 もともとSHADOWがついていた穴をそのまま流用できたので、自力で割と簡単にできました。

 でも、、、、ピックアップを載せ直しても、2の現象があるんですよ。

 楽器に耳を当てて生音を確認しても、そういう音は混じっていないので、楽器自体には問題なさそうです。

 ということは、ピエゾピックアップが振動で揺れてミシミシいうのかも!?と思い、

「楽器内部に余って飛び出ているピエゾピックアップをマスキングテープで表面板の裏に固定」

してみました。

 すると!治りました!

 ミシミシ言ってたのは、これが原因だったんですねー(SHADOWも、同様の対策をすればOKだったと思われます。)

 

 でも、LR BAGGS Anthem SL Classical はローノイズで音色も自然でいい感じで安心して使って行けそうです。安心なのは現場では一番大事。

載せ替えて正解だったと思います。

 

 ちなみに、今回外したSHADOWは、サブの7弦ギターに載せて使う予定です。

 

 

| | Comments (0)

July 07, 2019

「バイオリンとギター タンゴ・コンサート」

 本日、ご来場くださった音楽ファンのみなさま、ありがとうございました。

 El Amanecer、、、、ますます自分たちらしい演奏に進化させていけそうな予感で、とても気に入っていますので、今後も演奏し続けていきます。

 

 さて、次回の「バイオリンとギター タンゴ・コンサート」は、11月10日(日曜)です。

 音楽ファンのご来場をお待ちしています。

 http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

July 02, 2019

ギター教室 676. 「正確さ」

ギター教室の話題。

 人に資質の違いはありますが、楽器の演奏において資質の違いを語れるのは、最高の演奏者だけです。我々レベルでは、恥ずかしくて語れません、、、、。努力が足りないものは、黙って努力するのみですね

 

 身につけるべきことは、「正確に身につける」。

 練習の過程では、「正確に再現する」ことを心がける。

 本番の演奏で、完璧に弾ける人は、想像を絶するほど正確さを重視した練習をしているはずです。そういうところを見習おう!!

 

 

| | Comments (0)

July 01, 2019

7/7(日)「バイオリンとギター タンゴ・コンサート」ご案内

 今度の日曜日(午後)コンサートのご案内。

音楽ファンの皆様のご来場をお待ちしています。当日券もございます。

 

『 VIOLIN Y GUITARRA DEL TANGO - 浦和 vol.16- 』
7月7日(日) 14:30開演(14:00開場)
  ○会場 さいたま市民会館うらわ(8F コンサート室)
  ○出演 飯泉昌宏(ギター)、専光秀紀(ヴァイオリン)
  ○料金 全自由席3000円(予約2800円)
  ○お問い合わせ&ご予約
    メール masahiro.iizumi@nifty.com

♪ 交通 JR京浜東北線・浦和駅西口から徒歩7分

♪ タンゴ黎明期の編成に原点回帰。楽しい解説を交えながら演奏します。

♪ 今回の新編曲(新レパートリー)は「El Amanecer」です。

 

こんな演奏です(YouTube)。

https://youtu.be/Z2Jdip0jagk

チラシはこちら:

http://bordona.music.coocan.jp/image/VG07072019.pdf

HP(ライブ(演奏会)のご案内)へのリンク:

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

 

| | Comments (0)

« June 2019 | Main | September 2019 »