« ギター教室 673.  「音楽家であること」 | Main | ギター教室 675 「学び上手とは」 »

June 01, 2019

ギター教室 674 「テンポを落として練習する意味」

 ギター教室の話題。

 テンポがある音楽を演奏する場合、まず、細部まで意識できるテンポまで落として、練習しましょう。

 そのテンポに応じた体の使い方の手順が納得できるまで続けましょう。

 それができると、もう少し速いテンポでも弾けるかもしれません。

 自分が、あっぷあっぷになるような速さで練習しても、細部まで目も耳も行き届きません。

 当たり前の話ですが、人は「意識できる範囲でしかコントロールできない」のです。

 だから、こうするしか道がないのです。

|

« ギター教室 673.  「音楽家であること」 | Main | ギター教室 675 「学び上手とは」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 673.  「音楽家であること」 | Main | ギター教室 675 「学び上手とは」 »