« May 2019 | Main | July 2019 »

June 27, 2019

Nostálgico(guitar solo)|動画(作品解説)

 Nostálgico(Julián Plaza)のソロギター演奏の動画をYoutubeにアップしました。

 https://youtu.be/t4O4aCEWNwI

 

作品解説:

 フリアン・プラサが作った純器楽曲「ノスタルヒコ」をソロギター用に編み直して演奏しています。アニバル・トロイロ楽団の演奏(こちらはフリアン・プラサ自身の編曲)を参考に編曲しました。

 ギター用の編曲として、特徴をあげるとしたら、キーがAm,Aであるのにも関わらず、ドロップD(6弦=D)にしている点でしょうか。

 こうすることで、弾きにくくなる部分は出てきますが、中間部で低音Dが使えるようになります。

 レギュラーチューニングとどっちがいいんだ?という議論はあるかもしれませんが、ドロップDにして実験してみたかったので、これでいいのです。これはこれで完成品です。

 

| | Comments (0)

June 11, 2019

アルゼンチンのギター音楽(その3)

ABEL FLEURYの作品A FLOR DE LLANTO(milonga)を弾いてみました。

https://youtu.be/RoFLWPIpazs

作品解説:

1-5-5-1のみでこんな飽きのこない作品をよく作ったなーとまず感心してしまいます。決して簡単な曲ではないですが、ギターの基本を身につけたひとなら練習すれば弾けます。つまり、そのくらいギター的に合理的に作ってある曲です。

いいなーギター用の曲って。ギターが鳴るし、弾きやすいし、楽しいし、って思わせてくれる作品ですね。

録音機材:

今回のマイクは、長年愛用し、先日、自分で修理したAT825です。

AT825が目の前にあると楽な気持ちで弾ける感じはします。どのマイクを使っても結局、自分の音が記録されるだけなんだけど、そういう気分って大事ですね。

マイクプリアンプは、presonus tubepre v2とAMATERAS Linetrans 0001を左右両チャンネルで使っています。

音の編集は、DP10でリバーブのみ かけました。

 

 

| | Comments (0)

June 10, 2019

『 VIOLIN Y GUITARRA DEL TANGO 』コンサートのご案内(動画つき)

 音楽ファンの皆様のご来場をお待ちしています!

『 VIOLIN Y GUITARRA DEL TANGO - 浦和 vol.16- 』
2019年7月7日(日) 14:30開演(14:00開場)
 ○会場 さいたま市民会館うらわ(8F コンサート室)
 ○出演 飯泉昌宏(ギター・編曲)、専光秀紀(ヴァイオリン)

 

こんな演奏です(YouTube)。

https://youtu.be/Z2Jdip0jagk

チラシはこちら:

http://bordona.music.coocan.jp/image/VG07072019.pdf

HP(ライブ(演奏会)のご案内)へのリンク:

http://bordona.music.coocan.jp/live.html

| | Comments (0)

June 08, 2019

6、7月の演奏会

 2019年6、7月の演奏会のご案内をさせていただきます。

 音楽ファンの皆様のご来場をお待ちしています!

⭐️6/8(土) 20時 渋谷 カフェドモミュ

Taku(Fadista,viola) ,Masa(guitarra portuguesa)FADO

⭐️ 6/22(土) 16時 北千住 東京芸術センター

バイオリン&ギター タンゴデュオコンサート 専光秀紀(vl)/飯泉昌宏(gt)

主催 足立の街のポイントカード http://www.adachi.jp/

⭐️6/29((土) 昼 四谷・マヌエル

Yoko,Taku e Masa fado

⭐️ 6/30(日) 昼間 恵比寿 アートカフェ・フレンズ

富田喜子 シャンソン(バンドのメンバーとしてギターを弾きます)

⭐️7/2((火) 夜 四谷・マヌエル

Yoko,Taku e Masa fado

⭐️ 7/7(日)14:30 さいたま市民会館うらわ

バイオリン&ギター タンゴデュオコンサート 専光秀紀(vl)/飯泉昌宏(gt)

 

 

詳しくは、http://bordona.music.coocan.jp/live.htmlをみてください。

| | Comments (0)

June 03, 2019

ギター教室 675 「学び上手とは」

 ギター教室の話題。

 

 自分の欠点や課題を直視して、改善案を素直な気持ちで受け入れることができる人。

 楽器の演奏は、「学び、研究し」ということを繰り返して向上していきます。

 時間をかけて、学び、研究しましょう。

 

 

| | Comments (0)

June 01, 2019

ギター教室 674 「テンポを落として練習する意味」

 ギター教室の話題。

 テンポがある音楽を演奏する場合、まず、細部まで意識できるテンポまで落として、練習しましょう。

 そのテンポに応じた体の使い方の手順が納得できるまで続けましょう。

 それができると、もう少し速いテンポでも弾けるかもしれません。

 自分が、あっぷあっぷになるような速さで練習しても、細部まで目も耳も行き届きません。

 当たり前の話ですが、人は「意識できる範囲でしかコントロールできない」のです。

 だから、こうするしか道がないのです。

| | Comments (0)

« May 2019 | Main | July 2019 »