« 5月の音楽活動報告 | Main | ギター教室 674 「テンポを落として練習する意味」 »

May 29, 2019

ギター教室 673.  「音楽家であること」

ギター教室の話題。

 

音楽家であるということは、

「世界中の音楽をたくさん聴いて、その中からいいものだけ残して影響を受け、同志と交流し、先達に教えをこい、自ら進んで学習し、研究し、作品を発表し、、、。」

そんなことを繰り返しながら、何か役割を担う自分を作りあげるということなのでしょうね。

 

 

|

« 5月の音楽活動報告 | Main | ギター教室 674 「テンポを落として練習する意味」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 5月の音楽活動報告 | Main | ギター教室 674 「テンポを落として練習する意味」 »