« December 2018 | Main | February 2019 »

January 30, 2019

Luna Tucumana ソロギター版編曲

 フルート+ギター用の編曲をソロギター用に圧縮して作りました。
元のアイデアは形になっているので、編曲っていうより、編集して完成って感じです。

午後から、夢中になって作業してたら、あっという間に夜になってしまいました。

 これから数日は練習しながら推敲していき、いい感じになってきたら、演奏動画をYOUTUBEにあげようと思います。

 譜面は、DLMARKETが再開したら、ダウンロード販売します。

| | Comments (0)

January 29, 2019

Luna Tucumana編曲完成しました

 「フルート+ギター」のLuna Tucumana完成しました。
 譜面上は会心の出来です。
 演奏して譜面以上に良くなるといいな。

 直近の演奏予定は、3/31「ケーナとギターの夢」コンサートです。
 
あと、この譜面は、DL marketが再開したらダウンロード販売しようと思います。

 

| | Comments (0)

January 27, 2019

Luna Tucumana編曲

  ここのところ、ソロギターのレパートリーをおさらいする日々を過ごしておりました。

 いつでも弾けるぜ!という状態にしておかないとギタリストとしてお恥ずかしい。というのが一番の動機。また、ギタリストの理想の姿(譜面の再現も、即興も弾ける)に少しでも近づきたい、というのが二つめの動機ですね。

  昔弾いていた曲を、今、弾いてみると、客観性が増している分、以前より練習のポイントがわかります。ギターと音楽の知識が増えた分、覚え方も変わってきていますね。

  そんな日々を1ヶ月ほど過ごし、改めて思ったこと。

  譜面は思い出す為に大事です(笑)。

 譜面化しておかないと、忘れちゃった時に思い出すのにえらい苦労しますからねー。20年前の現代ギター(雑誌)引っ張り出して調、自分の編曲を調べたりして、ああ、この曲、残っててよかったーとか思いました。

 さて、そういう訳で、やはり今形にしておいたほうがいいやね、と思っていた「Luna Tucumana」の編曲をしています。
 この曲は、典型的なラテン系のコード進行だから、サウンド面では意外と可能性があります。
どんな可能性があるの?というのを研究しながら編曲を進めております。

  ひとまず、メロディ楽器+ギターですが、次に、ギターソロも編曲します。

 自分にとっては、ユパンキの曲だから好き、という以上に、ツクマンの心優しい友人たちとの交流を象徴する思い出の曲、ということで心に刻まれています。

 今年、チャンスがあれば、ツクマンを再再訪して、演奏したいです。


  

| | Comments (0)

January 04, 2019

あけましておめでとうございます

  本年も、ギターを愛する同志のみなさんと共に、ますます研究を深め、音楽文化に貢献できるよう頑張って参ります。

  昨年は、ポルトガルギターのCDを作ったので、今年は、まず、それを売るための宣伝しながら、別のCDを作れたらなーと考えています。

 そして、今年中には無理かも、、、ですが、やはり、「自分の考えるギター音楽とは、こういうもの!」という作品は残したいですよねー。

 今、過去の自分の編曲作品を弾き直して見ますと、すごく時間をかけて一生懸命作ったんだなーというのを感じます。そうやって作ったものは、校正の余地があったとしても、やはり、価値がある!と我ながら思うのです。

 また、作曲の面では、もう少したくさん作っていく体制、体質?に持ち込んでいけたらいいなと考えています。作曲は。ある程度量をこなさないと質が上がって行かない感じかもしれない、、、という気がしますので。

 そうやって、できた作編曲作品を考えうる最善の形で残せたらいいなーというのが、少し長いスパンでの希望です。

 みなさんも、良い一年を過ごされますよう!
 お互いに頑張りましょう!
 
 

| | Comments (0)

« December 2018 | Main | February 2019 »