« November 2018 | Main | January 2019 »

December 26, 2018

自転車・ホイール組 ほぼ完成

 スポーク長は261mmでは長すぎでした。 
 組んでみたら、ゆるゆるだった、、、。
見た目的に3mmくらい長いのかもって感じでした。

 原因は、リム内径の測定に間違いがあったこと。
 もう一度、慎重に測ってみて、スポーク長を算出し直したら、やはり258mmでした。

 そして、念のため1mm短い257mmのを買いました。

これがバッチリで、今度はがっちり組み上がりました。
ディスクブレーキ仕様なので、逆イタリアンです!

あとは振れ取りして、完成です。

今回のホイール組みで学んだこと、今後に活かせる内容は、別記事で、ご紹介します。

Img_20181226_080723


| | Comments (0)

December 21, 2018

自家用車 ホイールカバー塗装

 愛車のスバル サンバー(H17年式)ですが、まだまだ好調に動いております。
  ただ、機能的には関係ない部分ですが、ホイールカバーがボロボロになってきていました。

  かねてよりやってみたかった自家塗装を施してみました。
こういうのを気軽にできるところが、鉄ホイール+ホイールカバーのいいところですね。

 工程は、
1. カバー全体の塗装を荒い紙やすりで剥がす。 脱脂をかねて水をかけながらヤスリがけしました。
2. ミッチャクロンを薄く塗布(プラサフは吹いていません)
3. ガンメタのホイールカラー(ソフト99)を4回に分けて吹き付け
4. ボディペイント(クリヤ)吹き付け
5. 1週間、室内に放置

仕上がってから、組み込んでみました。
鉄ホイールのグレイが隙間から見えるのがいまいちですが、まあ、初心者にしては、綺麗に仕上がったかな!?
次回、塗装する機会があったら、今度は、シルバーにします。

Img_20181220_155009


| | Comments (0)

December 20, 2018

ギター教室 665 「実用になる技術」

 ギター教室の話題。

 ギターにおいて、実用になる技術の基本は、「フォーム」「体の使い方」ですが、全て、「完成した音楽のイメージ」と連動して身につけていくものです。
 だから、「メロディとリズム」「ハーモニー」の感覚と「音楽の構造」を理解し納得する作業と並行して技術育成をしていくのが筋です。

 年末、これまでの自分を振り返って、技術の見直しをするのもいいですね。たまには大掃除も必要ってのと一緒です。


 

| | Comments (0)

December 17, 2018

自転車・ホイール組 スポーク長算出

 必要な値を計測し、スポーク長を算出しました。
 ハブは、左右対称でないにも関わらず、計算したら、左右のスポーク長が結局同じになりました。
 左右対称でないとは言っても、中心からの距離がわずか7mmほどの違いなので、スポーク長さに影響を与えないということなのでしょう。

左右とも261mmとなりました。

Img_20181217_195617


| | Comments (0)

December 15, 2018

自転車・ホイール組 ハブ

  音楽に関係のない気楽な趣味の話題。

 MTB仕様の自転車の前輪をハブダイナモ付きにしようと計画しています。

 通常、前輪用のハブは、左右対称な形ですが、今回使うのは、ディスクブレーキ仕様のハブダイナモなので、非対称です。

 スポーク長を計算するには、「ハブ中心からフランジまでの距離C(右側はCR、左側はCL)」が必要なので、ShimanoのHPからデータを拾ってきて、計算しました。

 当初、実測しようと試みたのですが、正確さに自信が持てなかったので、計算で求めました。オフセットの意味がわからなかったんですが、多分、、、中心からの偏位を言ってるんだろうと勝手に予測して、計算しました。この計算も有効数字をどこまでとっていいものかわからなかったので、とりあえず、端数未処理です。

 実測した値とそう大きくは違わないので、あってると信じたいです、、、、、。つまり、確信はないんですよねー。
もしも、この図、おかしいよ!と気づいた方がいらっしゃったら、ご一報いただけると助かります。よろしくお願いします!


Img_20181215_062343_2


| | Comments (0)

December 10, 2018

自転車・ホイール組 スポーク長さについて

スポーツ自転車のいいところは、規格にあったパーツを寄せ集めて組み立てられるところ。
自転車は、機械工学の身近な集大成です。

今、乗っている自転車にハブダイナモ付きホイールを組みこんでみたくて、DVD「ホイール組みの達人」を購入した、、、まではよかったんですが、スポーク長の計算の中に出てくるαがどこの角度をさすのかわからず、そのままでは気持ち悪いので、調べました。
 多分、これであってると思いますが、間違ってたら、ご教示いただけると幸いです。
 手書きの画像で残しておきます。

 Img_0302

サイクルメンテナンスHP:http://saimen.shop-pro.jp/?pid=46984865


| | Comments (0)

December 09, 2018

 2018年の使用楽器・機材

演奏者にとって、楽器の音は自分の声です。音響も含めて大事ですね。
 今年を振り返って、使った楽器、機材をご紹介します。

ポルトガルギター・・・
基本的に生で演奏する機会が圧倒的に多いので、ピックアップなどはつけていません。PAが必要な場合、外部にマイクを立て、ボディ下部を狙うといい感じに拾えます。楽器自体はリスボンタイプ(オスカル・カルドーゾ)とコインブラタイプ(アレニック)の二本をその日の気分で使いわけました。

クラシック・ギター・・・
1 生音で演奏する機会には、パウリーノ・ベルナベ(弦長660mm)を使うのが基本ですが、カーサ・ヌニェス(650mm)も一回だけ使いました。
2 バイオリンとデュオとかだと、少し、マイクを使って音を足した方がバランスがいいので、小さいコンデンサーマイクDPA4060(今は改良型が出てるみたいです)をベルナベの表面板に貼って使っています。
3 もっと音量が必要な場合、Shadowのアンダーサドル・ピエゾを後付けしたカーサ・ヌニェス+Zoom A3+卓直結でした。自分用のモニターとしては、Makie SRM150(A3からパラで出力)を使いました。ここまでの機材なら、小さいスーツケースに収まるので、電車移動でも持ち運べます。

チャランゴ・・・
 ボリビア製のチャランゴ(キスペ・トーレス)に、サウンドハウスで買ったコンデンサーマイクJTS CX-500を貼り付けて使いました。
DPAのパチモンのようなマイクですが、かなり良いです。DPAの価格の1/10です、、、。使えます。
 SHADOWのピエゾを後付けしたアルゼンチン製のチャランゴ(イバニェス)も使いました。この場合、チャランゴーLRBaggs Para Acoustic DI+卓直結 です。


特に機材の詳細については、後ほど、別の記事で紹介します。

| | Comments (0)

December 05, 2018

DLMarketについて(その3)

楽譜のダウンロード販売をお願いしているDL Marketから、「再開までかなり時間がかかるので、お急ぎの方は他のダウンロード販売業者を利用してみてください」という連絡がきました。

 自分は、今、すぐに発表しないといけない譜面はないので、DL Marketの再開を待とうと思います。
  その間に、出来るだけ、たくさん譜面を仕上げるという計画です。

 ちなみに、ソロギターの譜面ですが、五線譜の場合、必要な運指や演奏指示も書き入れますので、編曲ができてから、出版に耐える形にするまで、一手間かかるんです。だから、そうそう大量にこなせません。ですので、自分にはちょうどいい準備期間です。

 そういうわけで、譜面が欲しい方は、DL Market再開までお待ちくださいね。

https://www.dlmarket.jp/consignors/

| | Comments (0)

« November 2018 | Main | January 2019 »