« 11月後半の演奏会(ファドのみ) | Main | ギター教室 662. 「細部まで具体的に」 »

November 12, 2018

ギター教室 661 「技術と再現性」

ギター教室の話題。

  楽器をコントロールできているかどうかの指標は、再現性。
 何度弾いても同じ状態が再現できれば、コントロールできていると見なせます。

  仮説でもいいので、正しい(と思われる)目標を決めて、その目標の再現性を高めるには、何が必要か、冷徹に考えるべきです。

 料理に例えれば、レシピを決めて、毎回、レシピ通りに演奏し表現できるようにするのが、練習の本質です。

  がむしゃらに弾いてもダメなんです。
  計画的に、よく考えながら、正しい方法を導き出し、たくさん練習しましょう。

 自分の思い通りにコントロールできるようになってくると、めちゃめちゃ楽しいですよー!

|

« 11月後半の演奏会(ファドのみ) | Main | ギター教室 662. 「細部まで具体的に」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 11月後半の演奏会(ファドのみ) | Main | ギター教室 662. 「細部まで具体的に」 »