« 10月の演奏会 | Main | ギター教室 659. 「正体を知る」 »

October 05, 2018

ギター教室 658 「音感トレーニング 確認事項」

 ギター教室の話題。

 人によって、苦手なところはあるものです。
 いちいち、がっかりしていても何も始まりませんので、前向きにトレーニングして行きましょう。

 まず、自分は、何ができて何ができないのかを知ることが大事です。
ギターを弾くということからいったん自由になって考えましょう。

1. メジャースケールは歌えますか?
2.ダイアトニックコードのアルペジオは歌えますか?

調性感(西洋の)を持っている人は、このふたつはできます。
もし、できないようだったら、トレーニングしてできるようにしましょう。

楽器のガイドを使っていいですよ。最初は。

ガイドがあってもできない場合は、ドレミファソまでは完璧にするよう、粘り強くトレーニングしましょう。これができれば、ソラシドもできるようになります。あとは繋げて歌えるのを目指します。


|

« 10月の演奏会 | Main | ギター教室 659. 「正体を知る」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 10月の演奏会 | Main | ギター教室 659. 「正体を知る」 »