« ギター教室 654 「生徒募集」 | Main | 2018新作CD『FADO GUITARRADA』 »

September 19, 2018

ギター教室 655 「音感トレーニング」

 ギター教室の話題。

 ここのところ、相対音感のトレーニングの順番について考えています。
こういうのは、正しいことを繰り返しているうちに身につく技能の典型だと思うので、効率よりも、繰り返しやすい方法を考え中です。

各段階の目標は、以下の3点です。
1. ドレミファソラシド(メジャースケールとかイオニアン・モードとか言います)が、正確に歌える。
2. ダイアトニック・コードのアルペジオが歌える。
3. 一つの調性の中であれば、任意の音程が歌える。(例 短3度の上下!とか言われて、全部歌える)

有名な曲の歌いだしで、音程を覚えるという方法もありますね。
 例 アメイジンググレースの出だしは、ソードーの完全4度上昇

様々な角度からトレーニングして、良い耳を手に入れたいですね!


|

« ギター教室 654 「生徒募集」 | Main | 2018新作CD『FADO GUITARRADA』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 654 「生徒募集」 | Main | 2018新作CD『FADO GUITARRADA』 »