« 9月の演奏会 | Main | ギター教室 653 「日頃から考えておくこと」 »

September 10, 2018

ポルトガルギター探求 7

ポルトガルギター奏者、ビオラ(クラシック・ギター)奏者たちは、どうやって、ファドのレパートリーを覚えているのでしょうか?

 ファドも、普通に西洋音楽ですので、五線譜にすることは可能ですし、今は、歌本みたいな本も出ています。
 が、基本は、耳コピーだと思います。
 
 もっとも情報が多いのがファドの現場、あるいは教室なので、そういう機会に、録音しておき、あとで、家で復習です。 ファドのコード進行に慣れてくると、初対面の曲でも、その場でもある程度対応可能ですが、メロディからコード進行まで完璧にすぐ把握するのは、やはり難しいので、自分の部屋で黙々と覚える作業が必要になります。
 
 自分の場合、ヴィタルが身近にいてくれたので、ヴィタルのファド教室(生徒は歌です)にポルトガルギター奏者として参加させてもらい、レッスンの様子を録画させてもらってました。自分が知らない曲は、ヴィタルが歌ってくれるので、それをヴィオラの伴奏とともに録画しておくと、あとで復習するのにとても効率がよかったです。

ポルトガルギター奏者の役割:

イントロを力強く弾く。
歌の伴奏をする。
オブリガードを入れる。
間奏(歌のメロディの一部)を弾く。

これを全部勉強しておく必要があります。

|

« 9月の演奏会 | Main | ギター教室 653 「日頃から考えておくこと」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9月の演奏会 | Main | ギター教室 653 「日頃から考えておくこと」 »