« ギター教室 653 「日頃から考えておくこと」 | Main | ギター教室 655 「音感トレーニング」 »

September 16, 2018

ギター教室 654 「生徒募集」

 ギター教室の話題。

 ギターは様々なジャンルで使われる楽器であるため、その演奏方法も多岐にわたります。
 ギター教室も、指導者の専門分野によって、指導の内容が異なります。
 ですので、一体、どういうことを習いたいのか?また、その教室の指導者は、何が専門で、どんな演奏をする人なのか、を調べてから、習いにいくことをお勧めします。
 
 当教室で指導しているのは、以下の通りです。

ギター:
1. 一般的なソロギター(クラシックギタースタイル)が弾けるのを目標に、初歩から。
2. アルゼンチン・タンゴ ソロ・ギター(クラシックギタースタイルです。)ピック弾きは指導していません。
3.アルゼンチンのフォルクローレ関連 リズムギター、ボルドネオ(ベースライン)、ソロギター
4. ジャズ・ギター初歩  応相談

ポルトガルギター:
リスボン・ファドのポルトガルギターの初歩、ギタラーダ。

チャランゴ:
アンデス音楽のかき鳴らし、アルペジオの特徴、メロディ弾き、独奏

音楽理論、音感、リズム感のトレーニング:
 これらは、普段のレッスンの中で、触れることもありますし、自宅での練習方法もアドバイスします。「自力では勉強できない」という方には、レッスン(一緒に練習)することも可能です。

教室の方向性:
正確で具体的な指導を心がけています。
正しく評価し、うまくいってる点を褒め、改善すべき点については、率直にアドバイスします。
素直に助言にしたがって、前向きに努力していれば、必ず進歩します。
自分自身の進歩を常に実感できる
「学ぶことそのものが楽しい、向上しているのが嬉しい、だからギターを弾くだけで楽しい。」
という教室にしたいです。

体験レッスン:
 試してみたい方は、まず体験レッスン(有料)をお申し込みください。ギターの弾き方の初歩を丁寧に説明します。なお、体験レッスンでなくて、メールや電話でお話するだけでいいなら無料です。入会をしつこく勧めることはありません。

入会:
 入会は、自分の意志で決めてください。未成年の場合は、保護者の同意が必要です。

入会金:
入会する方からは、入会金をいただくことにしています。これは、学び始めることへの「決意表明」です。

月謝:
毎月、最終レッスンの時に、翌月分の月謝を納めてください。

休会:
仕事の都合などで、数ヶ月来られない、でも復帰予定です、という場合、休会制度をご利用ください。

退会:
 教室が自分に合わない、やる気を失ってしばらく休みたい、引っ越すのでもう通えない、など、物理的精神的理由で、退会したい方は、わかった時点でお申し出ください。ギター教室は、学校教育ではないので、卒業という概念がないのです。だから、退会も、自分の意志で決めるべき、次のステップへの決意表明なのです。


 

教室詳細(規約もご覧ください):
http://bordona.music.coocan.jp/oshieru.html
 

|

« ギター教室 653 「日頃から考えておくこと」 | Main | ギター教室 655 「音感トレーニング」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 653 「日頃から考えておくこと」 | Main | ギター教室 655 「音感トレーニング」 »