« ギター教室 643 「教室とは」 | Main | ギターのための編曲楽譜 »

March 01, 2018

ギター教室 644 「教室とは(その2)」

 ギター教室の話題。

 つまり、各教室の先生それぞれは、生き方の違いゆえに技術にも高い専門性を持っていると期待できるわけです(普遍性がないと言うわけではないです)。

さて、ここからは、学び手の話になります。

教室で習うには、師事する先生の考えを理解し、その教えに素直に従うことが大事になります。

 例えば、右手の技術についてうるさく言う派、のギタリストもいれば、左手こそ大事だ、と言う派のギタリストもいるでしょう。一見全く相容れない主張ですが、それぞれ、何か大事な本質について語ろうとしているのだなと見るのが正しい学び手です。

 一体何を言おうとしているのか?その本質を考えながら、先生から自分の持っていない専門性をたっぷり吸収しましょう。
 

 

|

« ギター教室 643 「教室とは」 | Main | ギターのための編曲楽譜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 643 「教室とは」 | Main | ギターのための編曲楽譜 »