« 「ケーナとギターの夢 2/25」 | Main | ギター教室 644 「教室とは(その2)」 »

February 28, 2018

ギター教室 643 「教室とは」

ギター教室の話題。

 田舎育ちの自分としては、地元にギター教室があれば、ぜひ通いたかった。なかったから、仕方なく独学でした。中学、高校の頃の話です。

 本当に音楽にどっぷり行く人だと、どんどん自分で情報を集めて、どうにかやって行くのでしょうけど、高校時代までのギター音楽と言えば、ロックは嫌いだったし、フォークくらいしか耳にする機会がなかったので、どっぷりとはいきませんでした。ちょっとしたオタクくらいな感じでゆるゆる続けていました。

 大学に進学するにあたり、東京に出てきて、ジャズに出会います。さすが東京です。ありとあらゆる音楽がある(ように見えました)。これだと、思い、ギター教室(ジャズ)に通いはじめました。

 この教室には、8年お世話になり、その後半は、クラシックギターの教室にも通いはじめました。(ダブルスクール状態)。
 それからは、自分の演奏スタイルをつくりあげるため、しかるべき先生に必要な教えを単発で受けるというのを繰り返し、今に至ります。
 直近では、昨年の8月、アルゼンチンでサンチャゴ・デル・エステーロ出身のギタリストに数回レッスンを受け、チャカレーラなどについて学んできました。

 ここまでで、わかったことは、
「技術は求める音楽性に応じて身について行くものだ。求める音楽性を具体化・身体化したものが演奏技術だから」
ということです。
 
そういう意味で、演奏者のありとあらゆる姿が演奏に反映されるものだ、と言えそうです。

 そういう真剣勝負の場なんですよね。音楽って。
 だから、ひるがえって、教室も真剣勝負の場です。

|

« 「ケーナとギターの夢 2/25」 | Main | ギター教室 644 「教室とは(その2)」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ケーナとギターの夢 2/25」 | Main | ギター教室 644 「教室とは(その2)」 »