« ギター教室 641「厳しい?普通でしょー」 | Main | 「ケーナとギターの夢 2/25」 »

February 07, 2018

ギター教室 642 「根性や気合い」

ギター教室の話題。

 演奏に根性や気合いは、集中力の一つの形でしょう。だから演奏には必要な要素だと思います。
  
 が、それもコントロールされなければ役に立ちません。
 気合いを入れたら、それだけで終わってしまった、、、、、なーんてのも人間ではあると思いますが、演奏のほうが人間の気分的なものより上位にあるべきだと考えれば、流されて、制御不能になっていいわけないと思うのです。

 コントロールされないのであれば、むしろ、「根性や気合いが不要な方法で演奏したほうがいい」、という場合もあります。
 そして、それには、「無理しない」というのが一つのキーワードであろうと考えます。
 
 「現状の技術で弾けないものは、気合いで処理と考えず、他の方法に置き換える。」その上で「根性とか気合い」を活用しましょう。
 

|

« ギター教室 641「厳しい?普通でしょー」 | Main | 「ケーナとギターの夢 2/25」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 641「厳しい?普通でしょー」 | Main | 「ケーナとギターの夢 2/25」 »