« ギター教室 640 「アルゼンチンタンゴ」 | Main | ギター教室 642 「根性や気合い」 »

February 01, 2018

ギター教室 641「厳しい?普通でしょー」

 ギター教室の話題。

  演奏は様々な知識と技能の集大成です。

  知識は、本や経験から学べます。でもやらないと学べません。西洋音楽の成り立ち、音階、和声、五線譜の仕組み、リズムとは何か、ビートとは何か?きっちり学んでいるでしょうか?
 こういうお勉強が苦手な人も、先延ばしにしないで少しずつでも学んでいきましょう。せっかくセンスはいいのに、そこがボトルネックになってしまうのはもったいないです。

  また、演奏の技術は、技術だけが独立して身につくものではなく、その演奏家のあり方に相応しいものが身について行くものです。あり方とは、「こういう音楽を作りたいんだ!」とか「音楽はこうあるべきなのではないか?」とかいう哲学的なものです。
  「こういう音楽ができたらいいなー」という希望に相応しい技術が身について行くのです。

  ギター(楽器)の上達に必要なこと
1. 基礎を学ぶ
2. 知識を学ぶ
3. 哲学や理想を持つ
4. 実現に向け努力を惜しまない

 頑張りましょう。人生はあっという間に過ぎていきます。
 

|

« ギター教室 640 「アルゼンチンタンゴ」 | Main | ギター教室 642 「根性や気合い」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 640 「アルゼンチンタンゴ」 | Main | ギター教室 642 「根性や気合い」 »