« ギター教室 637 「右手が先」 | Main | あけましておめでとうございます »

December 29, 2017

ギター教室 638 「未熟な私たちが努力すべきこと」

 ギター教室の話題。

  技術が完成するまでやるのが練習です。ですから、完成するまでやりましょう。どうせやらないといけないんだから、文句言わずに楽しくやりましょう。

 それと、楽器の演奏は、音楽を主体的に表現する技術の塊ですから、耳の能力も必要です。少しでも音感をよくする努力をしましょう。音階を歌うとか、音程を歌う、またギターで狙った音程を出せるよう単純な練習を繰り返す、などは良い訓練になります。

  耳の使い方のサポートとして役にたつのが、和声の知識と感覚です。こちらは、半分はお勉強といった感じになります。勉強が苦手な人は、頑張りましょう。ここを頑張っておくと、耳がよくないという欠点の補助になります。
 
  ちなみに、、、、ギリギリの局面では、結局、欠点が足を引っ張りますので、やはり、欠点は無くさないといけないのです。ですから、どうせやらないといけないのですし、苦手な分野の訓練や勉強には早いうちに取り掛かることをお勧めします。

 

|

« ギター教室 637 「右手が先」 | Main | あけましておめでとうございます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 637 「右手が先」 | Main | あけましておめでとうございます »