« ギター教室 632 「音感」 | Main | 2017年12月の演奏会 »

November 25, 2017

ギター教室 633 「音楽理論(楽典)について」

 ギター教室の話題。

 当ギター教室は、ギターの演奏技法を中心に学ぶ教室です。
 
 ですので、ほとんど音楽理論について触れる時間がありません。全くの音楽初心者にこれを伝えるには、まとまった時間(最低でも20時間)必要です。ギターのレッスンと並行してそういう時間を設けることは可能ですし、実際、そうやって学んだ生徒もこれまでに何人かいます。
 
 ただ、基本的な理論は独学可能なものですので、関心がある人は、まずは、ご自分で初心者向けの参考書(今時は、ものすごくたくさん出版されています)を購入して、勉強してみてください。わからない点については、普段のレッスンの中でお答えします。

 西洋音楽の理論は、決まった音階の中で、音をどう組み合わせたら曲になるのか、という原則について語ったものです。言語の文法と同じです。

 外国語を学ぶ際、最低限の文法を知っているだけで論理的に学べるというのと同じ理屈で、音楽も理論を知っていると様々な助けになるのです。

 

|

« ギター教室 632 「音感」 | Main | 2017年12月の演奏会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 632 「音感」 | Main | 2017年12月の演奏会 »