« ギター教室 615 「演奏習得のシステム」 | Main | 10/18(日)「バイオリン&ギター タンゴ・コンサート」 »

October 09, 2015

ギター教室 616 「練習曲」

 ギター教室の話題。

 カルリやソルのエチュード(練習曲)を見ていると、音楽的なポイント、技巧的なポイントが明確で、本当によくできているなー、素晴らしい作曲家だなー、と思います。
 これを細部までしっかりやっておくと、古典的な技巧は身につくんだろうなーと思います。
 
 ただ、実はどんな曲でも練習曲になりえるんですよね。そこから何を学べばいいのかをはっきりさせられれば、なんだって学びの題材になります。

 がむしゃらにたくさん弾くだけでなく、どこがどういう理由で難しく感じるのか、どうしたら解決するのかを考え、実行してみることは、相当な練習になります。

 そればかりじゃないけど、それもありってことです。
 

|

« ギター教室 615 「演奏習得のシステム」 | Main | 10/18(日)「バイオリン&ギター タンゴ・コンサート」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 615 「演奏習得のシステム」 | Main | 10/18(日)「バイオリン&ギター タンゴ・コンサート」 »