« ギター教室 603 「ラスゲアード」 | Main | 2月の演奏会 »

January 27, 2015

ギター教室 604 「無垢」

 ギター教室の話題。

 音楽は音楽そのものでしかない、それだけでしか評価しようがない。
 わたしは、その点が気に入っています。

 演奏者は、持っているものだけでしか表現できません。

 技術が身についているのか、表現が正しいのか、途上にある努力をしているのか、そういう持ち物で決まります。

 お金持ちだとか、人柄がいいという要素も人間の持ち物の一部なので、無関係ではないでしょうけど、関係していても、1パーセントくらいじゃないかな(観念的なものいいですが)。

 胸糞悪い嫌いなやつがしても、いい演奏はいい演奏だし。仲の良い友人でも、下手くそは下手くそです。
 どんなに馬があわないやつとでも一緒に演奏してすごく良かったら、表面的な好き嫌いを超えてお互いに感じあってしまうんですよ。嫌いだけど、愛してしまったかも!みたいな。
 
 音楽は、実生活にはあまりない(あるのかな?)無垢な価値観で成り立っていると思います。

 音楽以外の価値観を取り入れないと存在が許されない現場では非音楽的要素も入ってきますが、音楽そのものは、いつも無垢です。

 楽器を学ぶ人には、本当にいいものに出会えましたね、と心から言いたい。

 

|

« ギター教室 603 「ラスゲアード」 | Main | 2月の演奏会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 603 「ラスゲアード」 | Main | 2月の演奏会 »