« ギター教室 599 「ギターの奏法」 | Main | ギター教室 601「アルペジオの型」 »

December 22, 2014

ギター教室 600「単音」

 ギター教室の話題。

 各基本奏法について、おさらいしておきましょう。
 まず、単音のフレーズを弾く場合。

1. 右手 リズムと音色は右手の技術で決まります。ギターは必ず以下の手順で音が出ます。

 弦にタッチー押し込んで(しならせて)ーリリース

2. 左手 右手とのコンビネーションで弦を固定するのが左手の主な役割です。

 右手が弦をタッチー左手が弦にのるー発音ー右手が次の音に該当する弦をタッチ(前の音を消音)ー左手が離れるー左手が弦にのるー発音
 


 発音のタイミングでは、左右とも弦に乗っているわけですが、わたしはその前の動き(準備)が大事だと考えています。
 よく見られる間違った弾き方で、「右手で弦を消音する前に左手を離してしまう。」「右手が弦に乗る前に左手で弦を押さえ込んでしまう。」というのがあります。
 
 

|

« ギター教室 599 「ギターの奏法」 | Main | ギター教室 601「アルペジオの型」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 599 「ギターの奏法」 | Main | ギター教室 601「アルペジオの型」 »