« ギター教室 571 「基本フォーム 右」 | Main | ギター教室 573 「アポヤンドとアルアイレ」 »

January 15, 2013

ギター教室 572 「フォーム 左手」

 ギター教室の話題。

 弦を固定するのが、左手の役目です。
 左手にも動きがありますから、自由に動ける状態で固定しなければいけません。
 左手も、弦と接触しているのは指先ですから、考え方は右手の場合と似ています。

1. 指先が弦にどのように乗るのがよいか決める。
2. 手の形が決まる(親指の位置も含む)。
3. 腕の位置が決まる。

 という順番でフォームが決まりますが、実際の演奏では、この逆順で動くことになります。

1. 腕の位置が決まる。
2. 手の形が決まる(親指の位置も含む)。
3. 指先が弦に乗る。

 3.の最適な位置が確定するように、1.2.の動作をするということです。

・ 弦に乗る左手は、弦やネックの摩擦を利用しないで、自分自身の筋力で、しかるべき形を作れるのが理想です。そうすれば、重力を利用して、指板上に指を乗せるだけで、弦を固定できます。はさまなくてすむのです。

・ また、特にソロギターの場合、必要な順に指を配置していく技術も必要です。分散和音そのままのフレーズだからといってコードフォームをガバッとまとめて押さえるような方法では、結局1.2.が間に合わず不正確になることも多いのです。 

|

« ギター教室 571 「基本フォーム 右」 | Main | ギター教室 573 「アポヤンドとアルアイレ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 571 「基本フォーム 右」 | Main | ギター教室 573 「アポヤンドとアルアイレ」 »