« ギター教室 563 「得意、不得意、最大化」 | Main | ギター教室 565 「2013年のレッスン」 »

January 06, 2013

ギター教室 564 「最大化の続き」

 ギター教室の話題。

 前回の話をまとめます。

 能力を最大化する道筋(覚えていく手順、方法、優先順位)は、人によって違います。
 基礎の基礎(ここは必須)が終わったら、できるところから、ジグソーパズルを埋めていくように学んでいきましょう。
 
 「その都度いけそうなところから取り組む。常に現在より少し高い水準を目指す。」というイメージです。

 こうして、さまざまな能力を寄せ集めて作る音楽は、結果として、すべてのピースがそろうとは限らず(※)、いびつな形をしているともいえますが、それでいいのです。
 最大化の努力をしているのだから十分やっている、と自信を持ってよいです。

 あと、付け加えると、ギターが好きだ、という感情は、それだけで大きな才能です。
 好き!という気持ちは、意図して持てるものではありません。だから、それだけで相当な才能を手にしていると思います。

※ 自分にとって簡単すぎるパズルが完成しても意味がありません。つまらないです。できそうだけどちょっとだけ難しい、というパズルを選ぶのがいいと思います。

|

« ギター教室 563 「得意、不得意、最大化」 | Main | ギター教室 565 「2013年のレッスン」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 563 「得意、不得意、最大化」 | Main | ギター教室 565 「2013年のレッスン」 »