« ギター教室 554 「第一歩」 | Main | 「一生使える ギター基礎トレ本」 »

October 20, 2012

10/11~10/19の練習

 今年6月から始めたギターデュオ活動のレパートリーになる
「アディオス・ノニーノ ADIOS NONINO」の二重奏版(自編 ※)
 を個人練習しています。

 次回の演奏会では、これを弾きたいと思います。

 13年も前に編曲したもの(現代ギター誌 2000年9月号に譜面掲載)ですが、記憶ではステージでは、1、2回しか演奏していなかったような気がします。、、、、もったいない。

 ここ数年はソロギター版に再構築したバージョンは弾いていたので、全体像は把握しているのですが、演奏するとなると、運指や編曲の構造など相当な違いがあるので、じっくりおさらいです。

 わたしのパートは、6弦をCに下げるチューニングで編曲していましたが、Cだと自分にとっては運指が覚えにくいので、Bにして練習しています(単に慣れの問題です。Cだと弾きにくい、、ということはありません。)。

 低音弦のチューニングの安定性や音量を考えると7弦ギター(7弦=B)を使えばベストなのですが、上手にチューニングすれば、6弦ギターでも大丈夫そうです。いずれの楽器でもいけるようにする予定です。

 ここ1週間、計画的に練習していたら、だいぶ弾けるようになりました。
 ポジション移動が多いので、ブロックごとに暗譜して、ギターの指板を見ながら弾いていますが、最終的にこれを譜面を見ながら弾けるようにしておきたい。

※ 今後も、ギター音楽にしたら新たな魅力が発見できる曲、ギター音楽の世界に意外な香りをもたらしてくれる曲、そんな曲を編曲していきたいです。

 

 

|

« ギター教室 554 「第一歩」 | Main | 「一生使える ギター基礎トレ本」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 554 「第一歩」 | Main | 「一生使える ギター基礎トレ本」 »