« 10/8 DOS GUITARRAS DEL TANGO | Main | 10/11~10/19の練習 »

October 12, 2012

ギター教室 554 「第一歩」

 ギター教室の話題。

 「弦を振動させて、そのエネルギーで表面板を駆動する。」

というのがギターの音が出る仕組みです。
 
 その仕組みは、純粋な物理現象です。

 自分の気分がどうであっても地球上の重力加速度は変わらないのだから、気分や感情をさしはさむのは無駄です。気分によっていい音が出るわけではないのです。

 ギターで音の出る仕組みを実感して、正しい動作を身につけましょう。

 気分を排して身体とギターをひとつの機械のように結び付ける。
 これが、楽器をコントロールするための第一歩(※)です。

※ ここをスルーしてしまうと、いつまでたってもリズムも不正確で音色も良くない、という悪循環に陥ります。気づいたときに手を打ちましょう。先延ばしにしてはいけません。

|

« 10/8 DOS GUITARRAS DEL TANGO | Main | 10/11~10/19の練習 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 10/8 DOS GUITARRAS DEL TANGO | Main | 10/11~10/19の練習 »