« ギター教室 551 「ミスする箇所」 | Main | 10月の演奏会(追加あり10/30) »

September 24, 2012

ギター教室 552 「イメージ」

 ギター教室の話題。

 演奏に際し、技術以上に大事なことは、明確なイメージを持つことです。

 イメージを明確にしていると、仮に、身体がついていかなくて下手くそな結果になったとしても、聴き手に「きっと、こんな表現になる予定だったんだろうな。下手だけど言いたいことはわかるぞ。」と受け止めてもらいやすくなります。

 演奏者は、自分の持つイメージそのものが正しくても間違っていても、まず、こうでなくてはいけません。

 「こういうイメージの音楽なんです。素敵でしょ!」というメッセージを明確に伝えるようにしましょう。

 これができている場合、演奏者の課題は
「もし下手くそなら、今後技術的に上手くなることと」
「もし、イメージそのものが間違っていれば、正しいイメージを持つよう修正すること。」
となります。

 ついでに言うと、こういう人は自分よりも上手い演奏者仲間からアドバイスをしてもらいやすくなります。意外とこの点は重要です。だから、仮に下手くそでも、イメージだけは明確、というのを目指すといいです。

 逆に、イメージが曖昧なまま弾くと、たとえ音をまちがえなくても、自分自身がわかっていないことを人に伝えようとしているという、とんちんかんなことになります。そして、この状態が一番音もまちがえやすくなります。
 多かれ少なかれ、われわれはミスもするわけですが、その原因は、イメージを持ちきれていない点にあることが多いのです。
 
 イメージを具体的に持つ、しかも、細部まで、となると実際はとても大変です。
 だからオーケストラの指揮者の人は、あらゆる意味で徹底してイメージを明確にするために、すごく勉強するのです。アンサンブルを監督する立場の人も同様です。
 
 われわれも五感と知性を最大に活用して、可能な限り、具体的なイメージを持つようにしたいものですね!
 アンサンブルでもソロでも基本は同じです。

|

« ギター教室 551 「ミスする箇所」 | Main | 10月の演奏会(追加あり10/30) »

Comments

飯泉 さん


こんにちは、ES335TDCと申します。

本日記の内容とは直接関係無いのですが、私は以前にヤン○・ギター経由で飯泉さんの事を知り、CDを購入したりライヴにも何度か遊びに行かせて頂いた者です。つい最近ココログに引越しして来たのですが、こんな所で再会出来るとは思いませんでした ^^ 。

このブログ、読者登録させて頂きました。改めて宜しくお願い致します。それでは!

Posted by: ES335TDC | September 29, 2012 at 04:24 PM

ES335TDCさん。
 ご無沙汰しています。覚えていますよ!
 今後とも、よろしくお願いします。

 またぜひ、演奏会にもいらしてくださいね。

Posted by: 飯泉 | September 29, 2012 at 04:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 551 「ミスする箇所」 | Main | 10月の演奏会(追加あり10/30) »