« ギター教室 549 「訓練と技能、才能」 | Main | ギター教室 551 「ミスする箇所」 »

September 20, 2012

ギター教室 550 「リズム」

 ギター教室の話題。

 いいリズムを表現するには、正確なタイミングで音を出す技術が必要です。
 あてずっぽうでは、だめです。

 正確なタイミングで弾くためには、条件があります。

 それは、準備を整えることです。
 準備とは、直接的には、「弦に左右の手の指が乗った状態」を言います。

 この状態から自分の思ったタイミングで音を出せるようになる、というのが基本です。
 弦に指が乗っていれば、正確なタイミングで弾くのは簡単じゃないか?と思うかもしれませんが、意外とできないものです。

 また、さらにその前の準備というのもあります。

 以上が、技術的側面から見た楽器の演奏の本質です。

※ 自分の演奏に不満がある、課題があると感じる人は、粘り強く考えてみてください。何かの準備に欠点があるはずです。気づいたところからがスタートです。正しい方針で練習すれば解決します。

 

|

« ギター教室 549 「訓練と技能、才能」 | Main | ギター教室 551 「ミスする箇所」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 549 「訓練と技能、才能」 | Main | ギター教室 551 「ミスする箇所」 »