« July 2012 | Main | September 2012 »

August 30, 2012

浄書・まとめ4

 8月も終わりに近づくと、秋の気配がしますね。

 いつ終わるんだ、と懸案だった編曲譜面の浄書ですが、ようやく、終わりが見えてきました。

 何度推敲したことか。
 何枚プリントアウトして確認したことか、、、、たぶん数千枚。モニターだけで確認というのは、失敗します。必ず印刷して見てみないといけない。プリンタのインクも馬鹿みたいに使ったなあ。

 全部をおおざっぱに書くのなら、簡単なんです。自分用の譜面なら、「こういうつもり。」という意図は全部、自分自身の中にありますから、むしろ、適度におおざっぱなくらいが見やすいんですね。

 が、誰が見て演奏しても正確に再現できるように浄書する、と考えると、それなりに親切な書き方、見た目であることが必要なので、編曲そのものより、この浄書作業の詰めは、うんと大変でした。

 ここまで辛抱強くやってきたので、いまさら速く、とは考えません。
 しっかり、けりをつけたいです。

| | Comments (0)

August 26, 2012

スタジオ・リニューアル!

 当研究所・防音スタジオのリフォームをしました。
 趣味もかねたDIYなので、かかった費用はあらたに購入した材料代のみです。

1. 強度不足で、ぐにゃぐにゃしていた部分があった床でしたが、改めました。コンパネを互い違いに組み合わせたしっかりした構造に作りなおしました。なお、浮床の性能は保っています(ごくわずかですが、ふわふわします)。 

2. これまでのパンチカーペットをやめて、タイル・カーペットにしました。居心地がよくなった気がします。

Macos9_7Macos9_2_3


3. 壁掛け式のギタースタンドを導入して、少しでも床を広く使えるようにしました。
 ☆HERCULES 【GSP29WB】・・・クラシックギター、ポルトガルギターにも使えます。かねてから使ってみたかったHERCULES。見た目もよいですね。
 ☆K&M 16280・・・・チャランゴ用には、以前からこのK&Mのシンプルな壁掛けスタンドを使っています。チャランゴは軽いので、これで十分。

Macos9_2_4Macos9_6

4. 資料のDVDやCDを視聴できる環境にしました。あらたに外付けDVDドライブを買い足し、手持ちのネットブック、外部モニタ、小型スピーカーを組み合わせただけですが、満足です。ネットもつながっていますので、さまざまな資料にあたることができます。


amazon参考:

| | Comments (0)

August 25, 2012

ギター教室 547 「音階」

 ギター教室の話題。

 シンプルな曲は、ひとつの音階をもとにできています。
 この音階をダイアトニック・スケールといいます。
 ダイアトニックスケールは、曲の雰囲気を決定します。この雰囲気を調性(キー)といいます。

 したがって、ある曲を弾く場合、その曲のダイアトニックスケール外の音を弾くと、異なる雰囲気が付け加わります。
 その異なる雰囲気が、なんらかの根拠に基づいている場合、聴く人には一時的転調として認知され、しゃれた感じに響きます。
 しかし、何の根拠もなくすると、時には残念な感じに響きます。

 そうした理由ひとつをとってみても、音階を覚えるのは大事なことだとわかりますね。

 音階を覚えるというのが、どういうことを意味するか、は各自考えてみましょう。

※ 考えてみた、その答えが自分自身の現在のレベルのバロメーターにもなります。自分自身で「こういうことなのか」と実感できることだけが使える技につながるからです。

| | Comments (0)

August 22, 2012

ギター教室 546 「やるからには」

 ギター教室の話題。
 
 真剣に取り組む姿勢がいいですね!
 やるからには、上達を目指さないと、つまらない人生で終わってしまいます。
 人生とは今そのものですから!

 社会人は、生活のメインは仕事や家庭なわけだし、ギターに使える時間は限られるでしょう。
 そこをできるだけやりくりして、練習しましょう。

 基礎が大事だと気づいたら、そうわかったときからが勝負です。
 自分自身の過去とこれからを比較してどれだけ豊かなギターライフが待っているか、まださほどわからないかもしれませんが、やることをやれば1000倍はよくなると思ってください。
 
 わたしは、練習してきてよかった!考え抜いてきてよかった!と常々思います。

 そんなに練習してるのに、その程度?考えてるわりに馬鹿っぽいよ!という意地悪な意見もあるかもしれませんが、練習してなければ、考えていなければ、もっとうんと悪いのは明らかですから、わたしの主張は正しいのです。

 わたしは、前向きで真摯なギター愛好家(広く言えば音楽家)を応援したいし、そういう人たちと自分は同志だと思っています。

| | Comments (0)

August 19, 2012

8/25(土)横浜タンゴ楽団@座間市

 横浜タンゴ楽団のコンサート情報です。
 みなさまのご来場をお待ちしています!

2012年8月25日(土)
開催時刻 17:30開場・18:00開演
締切日 当日 先着順
会場 立野台コミュニティセンター

| | Comments (0)

August 16, 2012

ギター教室 545 「練習時間」

 ギター教室の話題。

 あることを完成させるのに必要な総練習時間はひとそれぞれです。
 といっても、一日で使える練習時間は限られています。

1. この1時間は強制的にギターを練習する時間、と決める。
2. その1時間練習する量を決める(曲目でもいいし、この曲のこの部分、でもいいし、個別の技巧でもよい)
3. たとえ、内容が薄くても、1時間向き合ったら、今日は十分やったと納得する。

 以上の日々が、各自に必要な総練習時間に達すると、技が完成するわけです。
 無理に2時間とかしなくてもいいです。根性のない人は30分でもいいでしょう。
 決めた時間以上にする場合は、それは自由時間を勝手に使っているだけなので、カウントしない。

 子供むけの方法ですが、練習は好きだがもっと楽しい誘惑に負けそう、とか、基礎練習が苦痛だ(でも必要だという自覚はある)という人もやってみましょう。

 夏になると思い出す、、、、毎日10時間は勉強したいと思っても思うようにできなかった記憶。自分を買いかぶりすぎなんですね。甘えたお前には無理。そう自覚したら、細切れにスケジューリングして、有効学習時間を増やすことを考えたほうが、実利があります。

 

 
 

| | Comments (0)

August 13, 2012

9月の演奏会(追加あり)

 9月の演奏会のご案内です。 
 秋風のふくセンチメンタルな季節。
 みなさまのご来場をお待ちしています!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

9/2(日) 昼間 四谷・マヌエル
  鹿糠ちはる FADO

9/11(火) 夜 阿佐ヶ谷・Soul玉Tokyo
  TAKU FADO

9/15(土) 夜 西荻窪・TOKI
  津森久美子 FADO

9/23(日) 昼間 横浜・三田塾ホール
  横浜タンゴ楽団 

9/29(土) 夜 澁谷・カフェドモミュ
  TAKU FADO

9/30(日) 昼間 さいたま市民会館うらわ 8F
  ボルドーナ音楽研究所・研究発表会(入場無料)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※9/23、30はギターを弾きます。

※それ以外はポルトガルギターを弾きます。

※詳細は
http://homepage3.nifty.com/bordona/live.html
をご覧ください。

※「横浜タンゴ楽団」の詳細は、
http://tango-yokohama.jp/index.html
をご覧ください。

| | Comments (0)

August 10, 2012

【晴山式】スペイン語基本単語速習術 [単行本]

 本屋さんに行くとついついスペイン語のコーナーを見てしまいます。
 浦和の紀伊国屋でよさそうな単語集を見つけました。

 単語集ってそういえば持ってなかったしなあ、などと思いながら。

 10日間でひととおりできるように作られています。その10日間を何度も繰り返して定着させるというコンセプトです。1日分の内容は結構分量がありますから、最初は少なくとも1時間くらいは見ておかないとこなせないかもしれません。

 何度も音読して、最後の最後に確認で書いてみる。いいですね~。

 ひととおり文法を学んだ後に眺めると文法の復習にもなります。
 それと、全く知らない単語だらけということもないので、一度勉強はしたよ、という人が気軽に復習するのにもいい本だと思います。


 8月中には、1回めを終わらせたいです(まだ一日目しかやってません!)

 受験があるわけでもないし、もはや勉強は趣味ですから楽しいですね。趣味だからこそ真剣勝負をかけてしまうという道楽人生です。


| | Comments (0)

August 09, 2012

ギター教室 544 「9月の発表会」

 9月の発表会の話題。

 9/30(日)14:00~16:30、さいたま市民会館うらわコンサート室にて、当研究所・ギター科の研究発表会があります。
 今回は、高橋マサヒロさんのケーナ、サンポーニャ教室の生徒さんも参加してくれることになりました。
 いつになく豪華です!

※ 講師演奏では、高橋さんとわたしの演奏もあります。
※ 時間があれば、みんなでアンサンブル演奏もしてみたいです。ただいま譜面作成中。
※ 観覧は無料です。事前予約も不要です。みなさまのお越しをお待ちしています。
※ 終了後、近所で懇親会もあります。一般参加も可。

| | Comments (0)

August 08, 2012

ギター教室 543 「シンクロ」

 ギター教室の話題。

 左右の動きがシンクロしてはじめて、音が出るわけですが、どうも、うまくシンクロしない、成功率が低すぎる、という箇所の特徴は、

1. 左手の指を乗せるのが間に合っていない(不完全である)
2. 右手の指を乗せるのが間に合っていない(不完全である)

のいずれかです。(両方という場合もあります。)

 これは、別の言い方をすると、それぞれ

1. 左手の指を直前の音から離すタイミングが遅い
2. 右手の指が直前の弦上から離れるタイミングが遅い

 という見方をできる場合があります。

 これらをうまくまかなえば、必ずシンクロするのですから、ギターを弾く上では、必須の技術です。

 これが完璧だと、どんな曲でも弾けます。
 しかし、どんな曲でも弾ける!と言いきれる人は少ないと思いますので、それだけ完璧にマスターするのはたいへんな技術ということですね。

 しかし、必須なのです。

 いまは不完全かもしれない。永遠に完全にはなれないかもしれない。でも完全を目指す途上にある人は美しい。
 
 だんだん技術を高めていきましょう!
 
 
 

| | Comments (0)

August 06, 2012

タンゴの歴史 (その後)

 やはりこの組曲は日々の練習の題材にして弾き続けたいなと思いました。

 というのも、昨日、本番で弾いてみて、あらためて10年前の理解とは違って見えるところもあり、再度の検討の必要を感じたからです。

 曖昧な点を徹底してなくす方向で日々、練習を続けていこうと思います。
 せっかく思い出したんだし!

| | Comments (0)

August 03, 2012

タンゴの歴史(ギター・パート譜 作成)

 わたしがもっているタンゴの歴史の出版譜には、ギターのパート譜がついていません(スコアとフルートのパート譜だけ)。
 10年前、スコアをコピーして、ギターの部分だけ切りとってパート譜を作った記憶がありますが、それもボロボロになって使えなくなったので、最近ではスコアを直接見て弾いていました。
 でも、長いので途中で譜めくりが入るんですよね。パート譜があればめくらなくてすむのに!

 そういうわけで、あらためて作ってみました。
 切り貼りだけは、デジタルデータ利用。最先端の(@@;)手法です!!

1. スコアをスキャン(tiffファイルを作る)
2. フリーの画像処理ソフト(Foto filtre)で必要な箇所だけ切り貼り。
3. 汚れをレタッチして白くする。
4. A4の紙にプリントアウト。横につなぎ合わせて完成。

 nightclub1960などはスコアだと7ページもあるのですが、パート譜にして4ページまで圧縮できました。
 これで、ギリギリ、譜面台(蛇腹式)にのるので、譜面をめくりながら弾かなくてすみます。
 しかも、すべて画像データで保存してあるので、これがボロボロになったらまた作るのは簡単です!

 大満足です!

 演奏のほうも、がんばります!
 

1960gt001

※ 本当は、スキャンしたデータをfinaleのデータに変換しようと試みたのですが、うまくいかなかったのであきらめました。

※ 譜面の貼り合せは、紙で補強しながら糊で!

※ 4曲分でまる1日かかりました。ただ、やり方がわかったので、次回からは、もっと効率よくできるはずです。でも、こういう機会はもうないような気もします・・・。

| | Comments (0)

August 01, 2012

8/5(日)《ciger & Live & Fruit Mojito Party!》

 おしゃれなバーで演奏します。夜(夕方)のひとときをお楽しみください!


8/5(日)《ciger & Live & Fruit Mojito Party!》
1st stage : open 17:00(17:30- start)
2nd stage : open 20:00(20:30- start)
(入替制)
charge:¥4,000(Free Drink &Foods)
-------------------------------
http://ameblo.jp/atcf-snootyfox/
-------------------------------
フルーツモヒート、ハイボール、ワインなどが飲み放題。

演奏は、
専光秀紀 (vl)
飯泉昌宏 (gt)
です。
 力の限り演奏します!

-------------------------------
8/5 domingo, Shibuya
Hideki SENKO(vl),Masahiro IIZUMI(gt)

Tocamos
Historia de Tango, El choclo, Nocturna ,Aparcero, Oblivion, Romance de barrio, Alfonsina y el mar, Un día de noviembre,
Milonga de otoño, Bolero de Junio, etc

| | Comments (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »