« 2012年6月の演奏会 | Main | コンサート「DOS GUITARRAS DEL TANGO」6/3(日)のご案内 »

May 27, 2012

ギター教室 534 「タンゴ・ギター」

 ギター教室の話題。

 ギターでタンゴを弾きたい、という方むけに、基本事項をまとめておきます。

タンゴの性格:
 タンゴはメロディの音楽です。
 だから、演奏者はタンゴの情感でメロディを演奏することをめざします。アニバル・アリアス、カチョ・ティラオ、、、タンゴ弾きに共通する情感がタンゴの性格を現しています。
 
演奏法:
 技巧的に破綻なく弾ければ弾き方はどんなものでもいいのですが、歴史を見るとギターでタンゴを弾く方法は、大きく2種類に分かれています。
 クラシックギターと同じ指弾きスタイル(アニバル・アリアス、カチョ・ティラオ、フアンホ・ドミンゲスなど)、と、ロベルト・グレーラのようなピック弾きのスタイルです。
 大雑把な分け方をすると、クラシックスタイルはソロギターに向いており、ピック弾きはアンサンブルに向いているといえます(あくまでも傾向です)。
 ちなみに、指弾きとピック弾きの中間の方法で、親指だけで弾く方法もありますが、これは、ピック弾き以上に太くて力強い音色を作れますので、究極的には、クラシックスタイル+親指奏法の併用がもっとも強力なのかもしれません(研究中です)。
 
 
指弾きの練習方法:
 クラシックギターの奏法をマスターする必要があります。
 メロディラインを際立たせるような弾きかた、伴奏+メロディを同時に弾く弾き方をマスターしましょう。
 古典タンゴをエチュードとして何曲もしっかり練習するといいでしょう。特にメロディの歌い方に注意して。
 ※ ピック弾きの場合、ロベルト・グレーラやウーゴ・リバスを参考にするといいでしょう。

楽器:
 普通のクラシックギター(フラメンコ用でも大丈夫)を使うのが望ましいです。そのほうが回り道をせずにすむでしょう。楽器のサイズは、ナット幅52mm、弦長650mmが標準ですが、自分の身体にあわせて選びます。
 ※ ピック弾きの場合でも、クラシックギターを使うことが多いです。

教室で習いたい場合:
 タンゴのギターを弾ける指導者がどのくらい日本にいるのか、わたしは知りません。しかし、そういう人が身近にいなかったとしても、クラシックギターを習っておくことは、きっと役にたちますので、まずは、クラシックギターの教室に通われてはいかがでしょうか。独習ではわからなかった「楽器を修得する生活」とはどういうものかを知ることもできます。
 やる気のある方は、ブエノスアイレスの学校に習いに行くのがよいです。なんといっても一次情報を知るのが一番なので。
 ちなみに、わたしの教室でもタンゴはもちろん教えますが、そこに至る過程で、基本技術の修得のためにクラシックギターは勉強していただきます。

|

« 2012年6月の演奏会 | Main | コンサート「DOS GUITARRAS DEL TANGO」6/3(日)のご案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2012年6月の演奏会 | Main | コンサート「DOS GUITARRAS DEL TANGO」6/3(日)のご案内 »