« ケーナとギターの夢(4/22) | Main | 『福田剛士のチャランゴ教本』 »

April 25, 2012

ギター教室 532 「安定と不安定」

 ギター教室の話題。

 例えば、いつも2弦の1フレットの音しか弾かないとします。とすると、右手の指は、いつも2弦を弾けばいいわけです。いい弾きかたになるようにすればいい。左手は、当該箇所を一番いい状態で押さえておけばいい。

 以上のような安定した状態を次々に作っていくのが、演奏の動きの理想です。

 ただし、実際には、動きがあれば力が加わるので、常に不安定な状態を渡り歩いているという感じになります。理想どおりにはいきません。
 しかし、演奏続行が可能な範囲の不安定さ(よりマシな不安定さ)もあります。つまり、こなし方があります。

1. まず、安定した状態で弾く(ポジションが固定されている場合等)ときの身体の感じ方を知る。
2. 動きがあれば確実に不安定さは生まれますが、そのとき、どのように不安定なのか、どこが不安定の原因なのか調べる。

 「不安定さを安定化するようなフィードバックを加えながら」演奏できるようにしましょう。

|

« ケーナとギターの夢(4/22) | Main | 『福田剛士のチャランゴ教本』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケーナとギターの夢(4/22) | Main | 『福田剛士のチャランゴ教本』 »