« ギター教室 477 「耳をつかう」 | Main | Jazzスタンダード研究「Giant steps」その1 »

January 06, 2012

Jazzスタンダード研究「moment's notice」その3

 Jazzのいいところは、「地図上のどこを通っていっても目的地につきさえすればよい。何でもあり。」なところ。

 整備された道路を進むのもよし、道のないところに道があるかのように歩くのもよし。

 どういう基準で道を選択するのかは、奏者個人とアンサンブルの共演者、という旅のようです。
 
 ただ、自分がどこにいるのか、を把握していないと迷子になり、不安だらけで旅を楽しめなくなるので、そこは最低線でおさえておかないといけません。

|

« ギター教室 477 「耳をつかう」 | Main | Jazzスタンダード研究「Giant steps」その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 477 「耳をつかう」 | Main | Jazzスタンダード研究「Giant steps」その1 »