« ギター教室 488 「反省」 | Main | ギター教室 490 「上手に聞こえるよう」 »

January 23, 2012

ギター教室 489 「練習と研究」

 ギター教室の話題。

 練習は、短い時間であっても、やればやっただけ効果があります。
 まったくやらない、のと、5分は集中して練習した、というのでは、雲泥の差です。
 短い時間を何回もこなせば、長時間の練習に匹敵します。

 一方、研究には、まとまった時間が必要です。
 いかに想像力を駆使するか、という話ですから、一見、無駄に思える時間も研究にはもれなくついてくるのです。

 もっとも、練習も、本当は、研究心がないといい練習にはなりません。
 「自分自身で判断できる能力」が練習の効率をあげるわけですが、それは研究する心から出てくるものだからです。

 だから、たとえ無駄になると思える部分があっても、まとまった時間を練習にかけ、ときおり立ち止まって考えることはいいことなのです。

 

|

« ギター教室 488 「反省」 | Main | ギター教室 490 「上手に聞こえるよう」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 488 「反省」 | Main | ギター教室 490 「上手に聞こえるよう」 »