« finale2011 よく使う音符編集 | Main | Jazzスタンダード研究「Giant steps」その5 »

January 15, 2012

ギター教室 482 「覚えて弾く」

 ギター教室の話題。

 クラシック以外のギターを独習している多くの人は、音楽をまる覚えして弾きますね。
 譜面(五線譜)がわからないから、そうせざるを得ないという場合もあるでしょうが、どんな理由であれ、これは、いいことだと思います。

 ギターのレッスンをしていると、コミュニケーションの手段として譜面を使います。
 しかし、演奏技術が未熟な人にとって、譜面を見ながら演奏する、というのは難しい、、、という問題があります。
 
 ですから、未熟であるという自覚がある人は、身体の使い方を覚えるために、まず、譜面の内容は覚えて(わりきって暗記という言い方でもいい)、練習するのがいいです。

※ いっきに全部を覚えるのは難しいので、部分的に区切って覚えていきます。短い曲なら覚えられます。
※ 五線譜は読めたほうがいいです。それも技術のひとつです。
※ 譜面も見ず、楽器も見ず、つまり視覚を使わずに、ギターを弾く人もいます。これは、完成された技術がないとできないことですので、ひとつの目標になりえます。

|

« finale2011 よく使う音符編集 | Main | Jazzスタンダード研究「Giant steps」その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« finale2011 よく使う音符編集 | Main | Jazzスタンダード研究「Giant steps」その5 »