« Jazzスタンダード研究「Giant steps」その3 | Main | ギター教室 480 「音の消え際 2」 »

January 10, 2012

ギター教室 479 「音の消え際」

 ギター教室の話題。

 演奏された各音はいずれ消えます(消える運命にあります)。

 音ひとつひとつを見ると、確かにアタック音は耳に残るし大事なのですが、音の消え際は音価に直結するため「ビート」と深い関係があり、また、話言葉で言えば、話し方の作法や癖にも通じるので、「演奏の印象」を背面から左右する重要な要素となります。

 したがって、音の消し方、消え際をどうするべきか、というのは、アタック音同様、演奏哲学の問題であるともいえます。

 「消え際まで」でひとつの音です。

|

« Jazzスタンダード研究「Giant steps」その3 | Main | ギター教室 480 「音の消え際 2」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Jazzスタンダード研究「Giant steps」その3 | Main | ギター教室 480 「音の消え際 2」 »