« Jazzスタンダード研究「moment's notice」その2 | Main | Jazzスタンダード研究「moment's notice」その3 »

January 06, 2012

ギター教室 477 「耳をつかう」

 ギター教室の話題。

 1/5が今年の仕事はじめ(教室)でした。

 ギターは、押さえている指(左手)を離すと音が途切れる楽器です。
 その点に耳を傾けて弾くようにします。

 楽器をコントロールするのに必要なのは、ありのままの音を聞く耳とそれを判断し評価しフィードバックする頭脳、命令をこなす運動能力です。
 どこかに欠点があれば、それを見つけて、優先順位をつけて練習します。

 自分の欠点が明らかになるのは、結構楽しいことです。ほっとします。
 それを直す過程はもっと楽しい。上達を実感できるからです。

 どんな技能でも、直視して訓練すれば、持っているものを最大化できるはずだ、というのがわたしの考えです。
 
 今年もよろしくお願いします!
  

|

« Jazzスタンダード研究「moment's notice」その2 | Main | Jazzスタンダード研究「moment's notice」その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Jazzスタンダード研究「moment's notice」その2 | Main | Jazzスタンダード研究「moment's notice」その3 »