« ギター教室 468 | Main | ギター教室 470 「現実とその見え方」 »

December 19, 2011

ギター教室 469

 ギター教室の話題。

 「多少の失敗は気にしないでおおらかにのびのび演奏、そして、失敗は反省して果敢に修正をかける。」

 練習はおそるおそるしてはいけません。
 思いきり弾きましょう。

 思いきりというのは、音量の話ではなく、「信じて」「確信をもって」という意味です。

 そうしないと、いつまでたっても技は完成しません。

 思いきり弾いてみて、何か不具合を見つけたら修正して、また思いきり弾いて確認する。
 そのフィードバック・ループで上達していきます。

|

« ギター教室 468 | Main | ギター教室 470 「現実とその見え方」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 468 | Main | ギター教室 470 「現実とその見え方」 »