« ギター教室 462 | Main | ギター教室 464 »

December 10, 2011

ギター教室 463

 ギター教室の話題。

 演奏はコミュニケーションのひとつの手段です。

 とはいえ、話言葉より(一般に)抽象度は高いので、これの良し悪しを判断するのにはある種のスキル(技術)がいるのです。
 演奏をコミュニケーションのレベルまでもっていくには、相応のスキルが必要だともいえますね。

 抽象度が高いから、「良し悪し」が「趣味の問題」「主張の問題」におきかえられやすいのですが、一流をのぞき、たいていは、「単にスキルがあるかないか」という問題です。一流はスキルに不足がありませんから。
 
 音楽のほとんどは技能におきかえられる。訓練で作るものだ、という意識をもって残りの人生を少しでもマシにしたいものですね。

|

« ギター教室 462 | Main | ギター教室 464 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 462 | Main | ギター教室 464 »