« マイク・ケーブル XLR-XLR(自作) | Main | ギター教室 462 »

December 04, 2011

ギター教室 461

 ギター教室の話題。

 技能が身についているのかどうか、それを判断するひとつの基準は、「コントロールできるかどうか」です。

 技能を身につけるということは、コントロール可能な操作を増やすということです。

 (表現する本人が)考えていることを正確に出力できる技が正しい技能です。

 だから、共感できることを考えている演奏家で、かつ技能が優れている人の演奏を聴くと、グッとくるわけですね。
 
 考え方や感じ方は個人の趣味の問題である(と考える人が多い。)から点数化はできません(点数化すると角がたつ)が、技能に関しては、誰が見ても優劣の問題に置き換えられますので、基準を決めて点数化することもできます。

※ わたし個人は、考え方や感じ方も相当部分、技能化して置き換え可能ではないか?と考えています。つまり、考え方や感じ方にも「良し悪し」「正しいかそうでないか」「うまい下手」が存在する、と考えています。頭の中身も「訓練」でマシになる!と希望を持ちたいからです。

|

« マイク・ケーブル XLR-XLR(自作) | Main | ギター教室 462 »

Comments

ただ、ただギターがうまく弾けるようにないたい バイクも同じでした ただただ美しく走り去りたい! バイクはレースで即結果がでました 今はレース(職業ではありません)ではなくきれいに走りたいと ギターも復活して二年、コンサートしたいとか人前で聴かせたいなんて全く思っていませんが、上達したい欲と追求したい感情のまま、日々騒音を撒き散らしているかもしれません 排気音も弦の音も!? さんくす! 

Posted by: 11katana | December 04, 2011 03:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マイク・ケーブル XLR-XLR(自作) | Main | ギター教室 462 »