« ギター教室 456 | Main | ギター教室 458 »

October 17, 2011

ギター教室 457

 ギター教室の話題。

 端的に言うと
 「メロディはリズムであり、リズムはメロディである。」
のです。

 リズムとはテンポとは違います。一定のテンポで弾くのがいいリズムというわけではなく、グルーブとかスイングとかノリとかいろんな言い方はありますが、そうした推進力の集合体がリズムです。

 いい演奏家の演奏は、メロディを弾くだけでグルーブするし、リズムだけで歌が聴こえてくるようです。

 最も重要なのはメロディであり、ここに音楽のすべての要素が集約されていると言ってよいと思います。

 だからギターを練習する場合も、メロディのもつリズムやリズムのもつメロディックな要素を的確に抽出して整理していく必要があります。

 なんとなく、、、ではダメなのです。

|

« ギター教室 456 | Main | ギター教室 458 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ギター教室 456 | Main | ギター教室 458 »