« April 2011 | Main | June 2011 »

May 26, 2011

finale2011(その7)コーダ切れ

 プラグイン「コーダ切れ」などについて。

 まっさらな譜面(音符なし)にコーダ切れを設定する場合は、問題なくできる。

○バグかも。
1. 音符を入力すみの譜面に「コーダ切れ」を設定する際、セーニョ記号、to Codaの記号を入れる小節を指定するのだが、それが番号どおりに行かない(1個ずれる)ときがあるようだ。

2. テキストデータを小節に帰属させるときも、指定する小節番号が、1個ずれる。

○対処法
 適正な小節に、情報が張り付くように、不本意ながら小節番号をずらして指定している。ただ、正しい状態で再現性のあるデータになっているのかどうかが不安です。
 

| | Comments (0)

May 24, 2011

finale2011(その6)

 「はぐれ雲」の浄書。
 ずいぶん昔に現代ギター誌に掲載したことがありましたが、細部を改定して作りなおしています。
 これも、encoreからmidiデータを生成して、そのmidiデータをもとに作業しています。

 今日は、ダウンピッキング、アップピッキングの記号を発見(いまごろかよ~)
 ジャカジャカ弾く部分があるので、この記号は必要ですね。

 譜面集は、年内完成を目標にしています。

| | Comments (0)

May 23, 2011

参議院・行政監視委員会 インターネット中継

○5月23日(月) 13:00~(3時間くらい)
○参議院・行政監視委員会 「原発事故と行政監視の在り方」
 
孫正義氏、後藤政志氏、石橋克彦氏、小出裕章氏が参考人として意見を述べられるそうです。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

| | Comments (0)

May 20, 2011

衆議院TV・科学技術特別委員会5/20

 国会にて。
 武田先生、崎山先生、矢ヶ崎先生のお話。5/20の科学技術特別委員会をご覧ください。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

 福島がんばれ!
 

| | Comments (0)

finale2011(その5)

 encoreから生成したmidiデータをもとに、milonga tristeの浄書をしました。

1. midiデータ(声部ごとに別トラックにしてスタンダードmidiデータ・フォーマット1でセーブしたもの)
をfinale2011で読み込み。たとえば3声部だと五線譜3段になって表示される。

2. 声部ごとにレイヤーをわけてから、五線譜1段にまとめる。そのデータをコピー。

3. 雛形ファイル(タイトルのフォント、マージンなどを指定ずみ)をファイルを読み出して、データをペースト。

4. 使いやすい譜面になるよう編集。実質的な作業はここだけ。頭を使わないルーチンワークになっているので、トラブルさえなければ速い速い。
 
 コンピュータで浄書とはいえ、紙はものすごく消費します。プリントしないとチェックできませんから。
 

| | Comments (0)

May 19, 2011

finale2011(その4)

 「コーダ切れ」のプラグインが正常に働かない箇所あり。って、以前も指摘したんだけど。またも、その餌食に、、、。

 つけたしつけたしでバージョンアップしているソフトにありがちな欠陥だ。

 midiデータと違って、楽譜の情報量は桁違いですからね。それを矛盾なくハンドリングするためのデータフォーマットをはじめから想定するのは難しかったんだろうなと思います。
 自分ならどうするかな~。

 文句を言いながら浄書作業していますが、finaleの開発部隊にシンパシーも感じるわけです。

 それにしても、、、ギターの譜面は、狭いところに3声部入れたり、細かい作業が多くて、目が痛いです。

| | Comments (0)

May 18, 2011

finale2011 (その3)

 曲集発表に向けて浄書作業もおおづめ。

 編曲譜面のレイアウト作業:
1. マージンを決める
2. ページあたりの段数を決める
3. 1段あたりの小節数を見やすく配置

 見直し作業:
1. 見難い箇所・間違った書き方の箇所がないか。あれば修正。
2. 指使いは適切についているか。

 脳内では、すでに終わっている作業なんですけど!

| | Comments (0)

May 14, 2011

大人のための音感トレーニング本(その3)

 理論の部分を読み終えました。

 絶対音程感という発想(相対音感の基準として機能する定規)を中心に、固定C、ムタツィオ、は実用的で勉強になります。

 トレーニングのCDをmp3プレイヤーに入れて、電車の中とかで繰り返し聴いて遊んでいます。

 完璧なレベルにいきなり行こうとするのは不可能ですので、音に対する感受性をじわじわあげていく方向性で取り組むといいですね。「前よりマシになった!すごい!」くらいの感じで。

 技能のトレーニングに「一朝一夕」はないです。しかし、正しい方向というのはあります。
 この本は、さらにまた、それを徹底することが大事だと教えてくれます。

 著者 友寄隆哉さんHP:http://www.tomoyosejazz.com/


| | Comments (0)

May 13, 2011

ギター教室 444.

 ギター教室の話題。

 何に対してもいえることですが、未修得の項目を修得するまでには、一定期間、精一杯五感を働かせてトレーニングをすることが必要です。

 正しい方針が決まれば、あとは地道な訓練ですね。

 スポーツ的な部分だけでなく理論と耳も必要です。

| | Comments (0)

May 09, 2011

Flores Negras (黒い花) solo guitar

 今日は、Flores Negrasを弾いてみました。ロマンティックなタンゴです。
 この編曲は、「クラシックギタースタイルで、できうる編曲はどんなものか?」について考えていたころにしたものです。
 あいかわらず「難しい」と感じる箇所はありますが、それはクラシックスタイルのギター演奏特有の事情からくる難所なんですね。
 「難しいだけで弾けないことはない。」わけですから、これはこれで大事にしていきたいと思います。

Myspaceミュージック で、 Masahiro IIZUMI の歌をもっと探す

| | Comments (0)

May 08, 2011

大人のための音感トレーニング本(その2)

 一貫した目的、すなわち実用にするために、具体的なトレーニング方法(暗記も含む)を示した佳作。
 メロディと和声の見方・感じ方を、いくつかの視点から解きほぐして身につけさせるようになっています。
 
1. 音楽理論の部分は、わかっている人も復習・整理のために読んでみるといいです。自分の弱点も発見できます。

2. 音楽理論を知らない人にとってはものすごい情報量と感じられるはずですが、時間をかけて少しずつ理解しましょう。重要事項がひととおりわかりやすく学べます。

3. トレーニングの部分は、なんとなく過ごしてきてしまった部分を着実に定着させる(=ここまでで実用)ための具体的事例、ヒントとなります。まずは、「書いてあるシンプルなメロディを歌えるようになる。思いついたシンプルなメロディを記譜できるようになる。」を目ざして、じっくり取り組みましょう。
 
 著者 友寄隆哉さんHP:http://www.tomoyosejazz.com/


| | Comments (0)

May 06, 2011

La promesa (約束) solo guitar

 ソロギター再録音シリーズ。オリジナル曲の「約束」です。
 これもう10年近く前に作った曲ですよ。ううむ。

 これからもオリジナル曲は作っていきたい。できたらいいな。

※ ワンポイント・ステレオマイク(AT-825)をかなりオンマイクにして録音。このマイク、自然な音で録音できるという良さはあるが、SN比があまり良くない。それで、よりオンマイクにしてみました(ギターから約30cm)くらい。
※ あとからリバーブを付加してあります。

Myspaceミュージック で、 Masahiro IIZUMI に似ているアーティストをもっと探す

| | Comments (0)

May 04, 2011

Bolero de Junio (6月のボレロ) solo guitar

 さらに、もう一曲。「6月のボレロ」です。
 吸音パネルの効果はあって、大分、反射がない部屋になりましたが、もう一工夫できそう。

Myspaceミュージック で、 Masahiro IIZUMI に似ているアーティストをもっと探す

| | Comments (0)

Nube solitaria (はぐれ雲) solo guitar

 新作・マイクケーブルを使い、早速、録音してみた。ひさびさに弾く「はぐれ雲(Nube solitaria)」です。

Myspaceミュージック で、 Masahiro IIZUMI の歌をもっと探す

| | Comments (0)

May 03, 2011

マイクケーブル作製(AT-825用)

 ワンポイント・ステレオマイク(audio-technica AT-825)用のマイクケーブルを作りました。

 これまでこのマイクに付属してきたケーブルを使ってきましたが、ケーブルが揺れるとチリチリしたノイズが出るようになってきたので、ここは、ひとつ自作してみようということでやってみました。

 ソロギターを録音する用途にしぼると、長いものは不要なので、短めの2mで作りました。
 
 マイクからの入り口は、5ピンのXLR(1GND 2 L.HOT 3 L.COLD 4 R.HOT 5 R.COLD)、出口は、3ピンXLR(2 HOT)、2個に分かれます。ケーブルは、どうせならノイズに強そうなものということで、カナレの4芯のシールド線です。

気づいた点など:

1. ノイトリックのコネクタのいいところで、別売りのキャップを使って色分けできるんですね。L(青)R(オレンジ)のキャップをつけました。はじめてノイトリックのコネクタを使ってみましたが、カッコいいし、扱いやすいしいいですね。

2. 太い4芯ケーブルを2本、5ピンコネクタに入れるのに苦労しました。そのままではとても無理で、プラグのお尻をカッターで切りとって、ドリルとリーマでぐりぐりと穴を拡張しました。コネクタ内側のキャップもお尻を切り取りました。どうにか通せました。プラスチック製のノイトリックでよかった。金属製だったら穴の拡張ができないところだった!

3. 5ピンコネクタの端子の間隔が狭いこと狭いこと!細かい作業は、よく見えなくてきついです。こういうところで精巧なハンダ付けができたらカッコいいんですけど、見えないんだからしょうがない・・・・とほほほ。

4. できあがりは上々です。コネクタ部分に触れてもノイズは乗りませんし、マイクが揺れてもチリチリノイズはしません。

5. 5ピンコネクタのお尻には、手持ちのゴムの目隠しをつけて、切り取った部分を隠してあります。

材料:
 マイクケーブル CANARE L4E6S 2m×2本
 キャノンコネクタ(オス)NEUTRIK NC3MXX-B 2個
 キャノンコネクタ(メス) NEUTRIK NC5FXX-B 1個
 コネクタのキャップNEUTRIK BXX6 1個 NEUTRIK BXX3 1個
 ハンダ KESTER 44
 10003


| | Comments (0)

風評被害について

 「(農作物などの安全性について)間違った情報が流布され、消費者から購買を自粛される被害」のことを「風評被害」というそうです。

 さて、、、今回の原発事故に関してですが、政府が「この程度の汚染なら安全に食べられます。流通させて問題なし。」と言っている商品を買わない人が多いのを、風評被害と言っているようですね。

 なんか変だな。政府を信用できないということが風評なの?
 まるで、政府を信用できない消費者が悪いみたいな言い方だ。

 原発事故の責任は、政府と東電にあるのに、あたかも消費者が悪いような言い方。

 風評被害という言葉は、政府(福島県知事も連呼してるなー)が、被害にあった農作物の補償を消費者に負わせるために、流布しているとしか思えない。
 生産者も消費者も被害者ですよ。被害者グループを仲間われさせようとしているの?政府の責任から目をそらさせるため?

 政治には裏も表もあるでしょう。でも、国民を守ってくれる政府なら、多少のダーティな部分は目をつぶります。とてもそう思えないことが、残念で悲しい。

 
 

| | Comments (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »