« 原発事故の補償 | Main | 吸音パネル(その1.) »

April 15, 2011

ギター教室 443.

 ギター教室の話題。

 上達するための工夫。できることは確実にやっていきましょう。

1. 一度、「完了した曲」を、少し時間をおいてから検討し直してみると、さらにレベルの高い発見や学びがあります。すっかり忘れてしまった・・・・なんて曲も、一度は一生懸命練習しているわけだから、やれば思い出します。
 2回目以降の検討の際には、1回目よりは腕もあがっているわけですから、「より精緻で意味のある音を出す。出そう。」と神経を使えるでしょう。
 教えるほうも、1回目より音楽的なレッスンができます。

2. レッスンで要求されたことは、7割くらいは再現できるようになって欲しいです。逆に言うと、最低7割は再現できるようになるところまでできて、はじめて「練習した」と認められます。これは全然高い要求ではないです。みんなできるはずです。

|

« 原発事故の補償 | Main | 吸音パネル(その1.) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 原発事故の補償 | Main | 吸音パネル(その1.) »