« February 2011 | Main | April 2011 »

March 31, 2011

つけ爪

 数年前まで、つけ爪(薄手のプラスチック?)を使っていました。

 長所としては、
○ ハードに弾いても爪が割れないから、安心して手加減せず弾ける。
○ アタックがはっきりするので明瞭な音になる。
 短所は、
× ギターを弾くたびに、接着剤でくっつけて、整形して、というのがわずらわしい。
× アタックがはっきりするので、生の爪の少しぼやけた感じは出しにくい。

 しかし、そんなにハードに弾かなくてもいいな、生の爪でいけるな、と思うようになって、いつしか、つけ爪を使わなくなりました。3年は使っていなかったと思います。

 昨年、コンサートで調子よく弾いていたら、最後の曲で薬指の爪を割ってしまって、、、演奏中そうなると、まともには弾けないわけですね。爪が割れたからって痛くはないんですが、制御不能になります。
 
 それで、今年からまたつけ爪を使用することにしました。
 使ってみると、やはり、いいですね。安心して弾けます。アタックがはっきりするので、無理しなくても、聴こえやすいし。

※ つけ爪購入先・・・おしゃれ用のもので一番シンプルな白色のものを使っています。ドンキホーテとか100円ショップでも売っています。セットで買うと、小指用も入ってきて無駄も出ますが。
 接着剤も、つけ爪用のものが100円ショップで手に入るので、便利になったものですね。

※ 接着剤でくっつけるわけですから、永遠にくっつくということはありません。でも、1日くらいは持ちます。接着力が弱まってきたころに、はがせば痛くなくとれます。

| | Comments (0)

March 29, 2011

義捐金

 地震と津波の被害にあわれた地区は、想像を絶する状態で過ごされていると思います。辛いと思います。
 それに追い討ちをかけるように、原発の事故。これは余分だった。ひどすぎる。

 お金は今後、たくさん必要になるはずです。

 被災地への金銭的な支援を、と考えたとき、さまざまな窓口がありますが、信頼できるところを選びたいです。
 効果的に使われることを願っています。

 わたしの場合、いまのところ
1. 母校(高校)の同窓会経由で、茨城県の被災者支援。
2.「日本赤十字社」経由で、被災者全体支援。
の2本立てでいってます。

 ちなみに、日本赤十字社経由で募金すると、
「個人の場合、税金の申告の際、寄付金控除も受けられる。
法人の場合、損金扱いにできる。」
という税制上の優遇措置もあります。
 ありがたい話です。

 日本赤十字社:
http://www.jrc.or.jp/

| | Comments (0)

March 28, 2011

活動再開

 3/11以降、なんだか疲れてしまってギターの練習はできませんでした。
 チャランゴのポジション確認は大分進みましたが・・・。

 原発の状況も悪いままで、いろいろなことが心配で不安です。
 自分の出身地、茨城の町はどうなるのか?
 子ども達の将来はどうなるのか?
 食はどうなるのか?

 社会人として日本の安全な未来のためにできることはなんでも協力したいと考えています。(危険な仕事は嫌ですけど。)

 それを常に考えていくのは当然として、わたくしの音楽(演奏)活動も再開することにします。

| | Comments (0)

March 27, 2011

原発事故・参考URL(その5)

 いろんな大学の先生がコメントしているけど、この人たちは、こっちの味方だと思う。
 かっこいい。

 原子力の研究をしている人がすべて原発推進派というわけではないのです。
 この非常事態の中、ああ、こういう素晴らしい科学者が何人もいるんだなとわかって、少し気持ちよかったです。

★なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜

http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719#

★3/18京大原子炉ゼミ
http://www.youtube.com/user/miyagoshiyoshiro

| | Comments (0)

March 26, 2011

データと分析と立場(原発)

 連日、原発の状況が気になって仕方ない。まったく眠れない。

 テキサスバーガー食いたい。うまいよね!とか言っていたお気楽なあのころが懐かしい。

 政府のSPEEDIでの解析結果がやっと出ましたね。
http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf
 すでに積算100mSVも汚染された地域があります。でも、まだヨウ素剤が配布されていないとか。
 もはやあきれて何もいえない。ハッキリ言って、もう手遅れですよ(ヨウ素131に関しては)。

 「ただちに健康に害はでない」
という言葉、不謹慎ですが今年の流行語になりそうです。
 われわれが生きていればですが、、、、。

 でも、政府にとって都合が悪い結果だったろうに公表したという点は、まともですね。

 アメリカの50マイル(80km)圏外への避難勧告は、妥当だったとあらためて思います。

 ところで、専門家の意見の見分け方について一言。

 人間には立場やしがらみ(利害)というものがあります。
「原発推進派」「原発反対派」「どっちでもない派」
まだ細かくあるでしょうけど、要するに、生きている場所です。

 それによって、たとえ同じデータを見て分析しても意見は変わってきます。データから何が有意(意味があるか)であるかを導く基準(≒思想、仮説、信条)が違うからです。
 一般人であるわたしなどは、「今どのくらいやばいの?これからどうなるの?」という点が知りたいのですが、その結論が180度違うことも珍しくありません。
 だから、まず発言者の立場を見極めることが重要です。
 
 さらに、データ自体を疑ってみる必要がある場合もあります。チェルノブイリの被害を調べたデータも「原発推進派」の調べたデータと「反対派」の調べたデータでは、異なる結果になったそうです。データの採取の仕方でも変わりますし、悪い場合、データ改ざんの可能性もあります。日本でデータ改ざんなどない、と考えるのは、お人よしすぎです。やる人はやります。

 わたしたちが知りたいのは「正しい情報」です。
 データを捏造したり(※)、恣意的に解釈したりして、自分の立場に都合のいい結論に導こうとするのは、正しくないですね。

 さらに、情報を知る機会がたくさんないとまずいです。というのは、多くの人は、テレビや新聞などのマスメディアから得る情報が多いと思いますが、マスメディアには、さまざまな立場からの意見が均等に存在するようには見えないからです。特に、年配のネット環境がない人たちの情報難民度に危惧しています。簡単に情報操作されそう。ネットを活用しましょう。

まとめると
「データは正しいか」
「どういう立場から分析しているか」
「多くの立場からの意見を求める」
の3点から、各自の判断で正しい情報をあぶりだすのがいいですね。

 結果としてわれわれを安全な方向に導いてくれる情報だけが「正しい情報」です。

 本当は、政府の言うことを100%信頼できれば話は簡単なのですが、、、、そうはいかない(もし100%信頼できるなら憲法はいらない)ので、各自、自立した考えで自衛するほかないですね。
 
※ 都合のいい分析結果にするには、もとになるデータを改ざんするのが手っ取り早いのです。正しい情報に関心があるのではなく、都合のいい情報に関心がある場合、そうしてしまうのですね。科学的ではありませんね。ボルドーナ音楽研究所のギター技術研究は、これに対しうんと科学的です!!

| | Comments (0)

March 24, 2011

原発事故・参考URL(その4)

 政府・東京電力、さらに、いまでは、福島県、福島市、いわき市もあまり信用できないかも、、、、。

 間違った情報(いわき市なんか、胃のレントゲンと比較して安全です。みたいなインチキまだ書いてる)を吹き込むばかりで、住民を守ろうというスタンスではないのですね。
 傲慢な物言いで、こんな言い方はしたくないのだが、このリーダーたち、、、すご~く頭が悪いか非人間のどちらかだと思う。

 どんなリーダーを選んだか、によって住民の運命も左右される。

 しかたない。自衛しましょう。

 特に、次代を担う子供たちと女性を守らないといけない。

「いやだいやだ、こんなところに危なくて住めない。」
と大騒ぎしないといけない。

 だって、県外の人に「いまから、いわき市や福島市に住め」と言ってみてごらんなさい。「OKいいよ!」とそこに安心して住む人がいるでしょうか?
 みんなすでにそこにいるから、離れたら失うものが多い、と思うから仕方なく住み続けているだけですよ。だから、「安全です」「安心です」というお上からの言葉にすがって住み続けている。
 
 馬鹿よばわりしてこんなことを言うのは勝手だと思うけど、自治体のリーダーにお願い。念のためという理由、でかまわないから、バスを用意してみんなを非難させてやってほしい。
 そしたら、前言を半分だけ撤回します。

☆広瀬隆/広河隆一「福島原発現地報告と『原発震災』の真実」

http://www.youtube.com/watch?v=3UXtyqdGgmI

★追加(3/27)

OurPlanet-TV
http://www.youtube.com/user/OPTVstaff

| | Comments (0)

3/31 タンゴの夕べ@新宿シアターモリエール

 3/31の新宿でのコンサート「タンゴの夕べ」は、予定どおり行います。

 開催決行の結論が出るには、相当な煩悶があったようです。
 
 主催者の決断を受けて、自分も、決意を持って臨みます。

 夜の公演ということもあり、帰宅難民経験者の自分としては、みなさまに能天気に「是非いらしてください!」といいにくいのですが、いいよ見てやろうじゃないの、とご希望の方は、是非、ご来場ください。

 終演後は、しばらくそこらへんをうろついていますので、ぜひ声をかけてください。有事下での緊張感をわかちあいましょう。

 基本は大編成の演奏ですが、ギターが活躍する小編成のタンゴもあります。
 
 http://homepage3.nifty.com/bordona/live.html

| | Comments (0)

March 23, 2011

ギター教室 442.

 ギター教室の話題。

 3/27に予定していたギター教室の発表会は、中止としました。
 
 震災で親戚の方が被害にあわれた生徒さんもいますし、また、原発の事故は、まだ予断を許さない状況です。

 当ギター教室の発表会は、そんな中で、落ち着かない気持ちで決行するような種類のものではないと思いますので、中止にしました(決行するに足る理由がある場合は別です。春の高校野球のように。)

 平和が戻ってきたころ、再度、企画したいと思います。

※さいたま市の現在の放射線量
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html
 さいたま市での放射線量は、だいたい0.1μS/hで、事故前の4倍ほどで推移(ただし、日々、増加傾向にある)。
 テレビでは、「すぐには健康に害のない数値」という言葉が連呼されていますが、こういう非日常が続いたら健康被害の出るリスクは高まります。
 自治体で計測してHPに載せている「データ」は信頼していいと思うので、自分は、それをもとに計算してリスク回避をしようと思います。
 これから2~3日は・・・・用もなく外出はしない。出掛けるときはマスク着用。帰ってきたら、服のホコリははらって、速攻でシャワー。

 

| | Comments (0)

原発事故・参考URL(その3)

 原発事故に関する武田邦彦先生の見解(動画)

※武田先生は、「安全な原発なら推進する=危険な原発は反対」という立場だそうです。で、いまの日本の原発は、安全なのか?というと、、、、という話が聞けます。

※重要・・・逃げるときは「風上へ!」。放射性物質は風に乗って飛んでいくので、「原発から半径何kmが危ない」という話は無意味で、風上は安全。風下は危険。

(1/8)福島原発に何が起きているのか 武田邦彦 2011.3.15
http://www.youtube.com/watch?v=zXBYLYSHJYw&feature=related
(2/8)福島原発に何が起きているのか 武田邦彦 2011.3.15
http://www.youtube.com/watch?v=AFLD3La5ufc&NR=1
(3/8)福島原発に何が起きているのか 武田邦彦 2011.3.15
http://www.youtube.com/watch?v=qZNVrSVzSp4&feature=related
(4/8)福島原発に何が起きているのか 武田邦彦 2011.3.15
http://www.youtube.com/watch?v=JFS_9NhKtc0&NR=1
(5/8)福島原発に何が起きているのか 武田邦彦 2011.3.15
http://www.youtube.com/watch?v=x1zddDft7dA&feature=related
(6/8)福島原発に何が起きているのか 武田邦彦 2011.3.15
http://www.youtube.com/watch?v=AFLD3La5ufc&NR=1http://www.youtube.com/watch?v=ZiizjU02h7o&NR=1

(7/8)福島原発に何が起きているのか 武田邦彦 2011.3.15
http://www.youtube.com/watch?v=4xdu_ERvX-I&feature=related
(8/8)福島原発に何が起きているのか 武田邦彦 2011.3.15
http://www.youtube.com/watch?v=5ixVd-s0-cY&feature=related
【号外】福島第一原発事故~武田邦彦氏緊急インタビュー[2011.03.16]
http://www.youtube.com/watch?v=2aporNDDjPI
【720p】増刊!たかじんのそこまで言って委員会 武田邦彦 原発の正体 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=jyou9oG1qBg
【720p】増刊!たかじんのそこまで言って委員会 武田邦彦 原発の正体 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=YDcYUlTHYyQ

| | Comments (0)

March 22, 2011

原発事故・参考URL(その2)

武田邦彦先生のHP:(原発事故に関連する部分にリンクしてありますが、全体にとてもためになるHPです)

http://takedanet.com/2011/03/post_b3c2.html

 正しい情報は、政府(枝野官房長官の発表)やマスメディア(NHKなど)ではなく、ネット上のほうがありそう。武田邦彦先生のHPも正しいうちのひとつだと思います。
 読んでどう判断するかは、読み手の自由ですが。

 自分も、チェルノブイリのあと、広瀬隆さんの「危険な話」を読んだり、原発問題を考える集会に顔を出したりしたことがありますが、平和が戻ってくると、怖いこととかは忘れてしまうものですね。
 こんな事故がおきてから反省しても後の祭ではありますが、いまからでも、原発の廃止を強く訴えたいと思います。
 
 

| | Comments (0)

March 21, 2011

3/11 震災(その7)

 重い荷物を背負って歩き回ったので、身体はだいぶ疲れていた。

 20:00もまわって、ひとまず横に。

 夕方から携帯メールのやりとりも時間がかかってようやく届くという感じであったが、心配してくれた仲間たちがメールをくれたので無事を知らせる返信をしていた。

 いつのまにか、うとうとしていたのだが、
「みなとみらい線、東横線が終電までの間ですが、動き始めました」
と、職員の方が知らせにきてくれた。

 数人が、帰宅の途に着く。
 JRが動くまでは、だめだなー。明日の午前中までは、ここにいよう。そう決めて、また、横になる。
 
 0時も近くなってくると、帰宅難民となったサラリーマン風の人々がぞくぞくと泊まりにきた。
 KAATは5階だけでなく6階部分も開放された。

(つづく)

 
 

| | Comments (0)

March 20, 2011

原発事故・参考URL(その1)

 いままでは本当に馬鹿みたいに平和だったな。それもそう信じていただけで、実際は、平和でもなんでもなかったのでしょうが。

 今できること。

 できる限り情報を集めて、冷静に行動を決めましょう。
 
 われわれは、最悪どうなるのか?が知りたいのであって、「いまのところすぐに健康に害が出るレベルではない」なんてたわごとを聞きたいわけではないのです。

 最小限の被害で食いとめられるとことを祈りつつ。
 
福島原発がどうなるか:
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20110318-01-0901.html


福島原発はプルサーマル:
http://www.j-cast.com/tv/2011/03/18090779.html

広瀬隆さんの見解:
http://www.youtube.com/watch?v=veFYCa9nbMY
http://www.youtube.com/watch?v=wlVlmyyNxlw
http://www.youtube.com/watch?v=rpcuM1v90XE

追加:原子力資料情報室(放射線や被曝に関する有益な情報が日々USTREAMで見られます)
http://www.ustream.tv/channel/cnic-news
http://takasas.main.jp/index.html 

追加:原発関係者の証言
http://phassy.net/pc_report_200.shtml

| | Comments (0)

MOX燃料

 MOX燃料はウランとプルトニウムを混ぜた燃料。
 これを利用した発電をプルサーマルと言い、、、、福島原発3号機は、、、、プルサーマルである。

 ここがやられると、被害の範囲は200~300kmに広がる(首都圏まで)可能性があるそうだ。
 
 MOX燃料から出る放射性物質からは、中性子が多い。中性子はコンクリートも突き抜けるから屋内にいても被曝する。コントロールできなくなったら、、、、無差別殺人兵器だね。

 しかし、、、プルサーマルってすでに稼動してたの!?知らなかった。
 調べてみたら、昨年の9月からだって!

 そして、プルサーマルを福島原発で始めることを認めたのが、現福島県知事。
 こりゃ責任重大だ。テレビで、必死に国と東電になんとかしろと訴える姿が映し出されていましたが、なるほど、そういう経緯があれば、知事もいつも以上に必死にならざるを得ない。
 だまされた、悔しい、という思いもあるだろう。

 それにしても、ひっそりと稼動させるもんだね。

 MOX燃料の危険性を知っているから、外国の人は日本から逃げていった、と考えると一連の外国の動きのつじつまが合う。
 日本政府の言うとおり(30km圏内は自宅待避)だったら、日本から離れるところまでは危険度がないはずだし。

 でも、今回の事故で「MOX燃料とかプルサーマルだから危険だ」とかいう言葉、政府や東電からのアナウンスにはないですね。

 都合が悪いから隠してるんですね。この期におよんで。
 
 いまはただ祈るしかない。収まってほしい。

※ それにしても消防庁の人たちの職業意識には感服します。せめて被曝の量が少なくありますように。

| | Comments (0)

March 19, 2011

音楽って何だ?

 演奏家どうしの間でも、音楽に対する考え方はまちまちだ。

 Aさんの考える音楽とBさんの考える音楽は、音を扱うという点ではダブりはあるが、何を目指して、何を大事にして、結局、何が音楽なんだ?と突き詰めていくと、似て非なるものではないか?と思える場合も多い。

 機械にも、機械を作った人間の何かが反映されている。
 音楽も人工のものである以上、作った人間の何かは反映されている。

 似て非なるものだ。とお互いに断罪していても、その似て非なるものに助けられる場合だってある。

 あいつなんか嫌いだと思っていても、嫌いなあいつに手をさしのべてもらう局面もありうる。(好きな人が通り過ぎていってしまうような時に!)

 だとすると、音楽の定義は、単に「音を使った人工的なものづくり」というだけで、十分なのだろうと思う。それ以上、条件をつける必要はない。

 という前提にたつと、自分の場合、結局のところ(定義そのものの)音楽に興味があるのではないような気がする。

 何かを共感しあうことが第一であり、そこで、たまたま、自分の磨いてきた技を有効に使えたら本望だ。というほうが近い感じだ。

 逆に、矛盾するようだが、共感がなくとも技能を十分に発揮できれば、それでいいとも思っている。

 その矛盾を止揚(昇華かも)して、「共感あり」と「技能あり」は同値であるということを証明できたら、自分の考える音楽が存在できる気はする。
 
※まとめ(集合で書くと、すごくそっけないなー)
定義としての音楽:A
共感:B
技能:C
存在してほしい音楽:D

A≠φ、B≠φ、C≠φ、A∩B=φ、A∩C=φのとき、

A∪B∪C=D
A∪C=D
であるならば
B=C

| | Comments (0)

March 18, 2011

国や法律って

 強烈な放射線が計測されている原発の現場で、事態を収めようと文字通り「決死」の覚悟で臨んでいる自衛隊、警察、消防の方がたは、すでに本来の職務を超えたことをさせられている。

 「他に誰ができるんだ?ぜひやってほしい」と上官に言われれば、それは命令を意味するため、やらざるを得ない、という極めて厳しい立場での「超職務遂行」だと思う。
 まさに、有事。神風特攻隊と同じだ。

 「国家の一大事だから法律を変えてでもやらせる(作業可能な放射線の基準値を操作)」んだもんなこの国は。

 公務員系の仕事は、すべて法律で職務内容は決まっているが、その法律自体が変更可能ということは、じゃあ、一体何にしたがって仕事してんの?と疑問がわく。
 結局、このたびのように「最高司令官の命令に従え」ということになる。すごく恣意的なんだな。法律<都合、なんだね。
 
 チェルノブイリで石棺を作った作業員の人たちは危険度を知らせれずに国にだまされて作業させられていた。それよりはマシだとは思う。「ヤバさは重々承知で決死の覚悟で」なのだから。

 ただただ、無事を祈るしかない。

| | Comments (0)

原発からの避難

 日本政府や東京電力の発表は、パニックを避けるため、コントロールされたものになっています。
 コントロールされた、、、というのは、要するに「都合が悪いことはあまり言いたがらない」ということです。

 アメリカは、原発から80km圏内の人は避難すべし、と言っています。
 日本国外にできるだけ早く退去しろ、と勧告している国もあります。
 自国民を守るために。

 最悪の事態に備えて、できるだけ遠くに避難すべきです。うまく事態が収束したら戻ればいい。

 「さいたまスーパーアリーナ」(200km圏外)も避難場所として開放されています。
 
 問題は、、交通手段ですね。
 「車とガソリンがないと移動できない」という個人の事情に左右されるのでは、ひどい話です。

 国はあてにならないので、周辺の県や市の各自治体に住民輸送手段の提供を期待したいところです。

※最悪の事態になってから避難させるのでは、被害が拡大するだけ。「30km圏内自宅待避」なんて言ってる国の見解は、国の都合で言ってるだけです。いずれ、それが「100km圏外に退避」となります。間に合うのか?

| | Comments (0)

3/11 震災(その6)

 「準備ができましたので、5階に移動してください。」

 KAAT職員の方がたの案内で、5階ホワイエに移動する。

 エスカレータを乗り継いで5階に着くと、職員の方がたが「毛布」「アルミシート」「低反発クッション(枕)」を手渡してくれた。
 こういう緊急事態用に備えてあるのだろうか?ありがたい。

 屋外にはまだ寒い中、さまよっている人も多いだろうに、どうやって避難所の情報を知るのだろう?みんな、うまく居場所を見つけてくれればいいな。
 ※今となれば、緊急事態の時は自治体の施設が開放されることが多いのだと実感としてわかる。

 暖房が効いていて、床はフカフカのカーペットじき、しかも、すごく美しいトイレ(当然水周りつき)もある。
 
 ギターを置ける空きスペースのあった隅っこのほうに居場所を決めながら、自分は運が良かった、、、、演奏会場から関内駅に向かう途中で、ここを発見できたのだから、不幸中の幸いではないか、と思った。

 早速、アルミシートを敷いて、枕をおいて、毛布をかけて横になっていると、職員の方が、
「まだ毛布はたくさんありますから、どうぞ2枚でも3枚でもお使いください。寒くないように。」
と声をかけてくれる。

「明日、交通機関が復旧するまでここで休んでいただいて大丈夫ですから、ゆっくりお休みください」

 泊めてもらえるだけでも十分ありがたいのに、そんなに親切にしてもらっていいの!?

 さらに、、、非常食として「クッキー」「ペットボトル入りの水」が配給された。

 非常事態とはいえ、まだまだ事態の悪さを自覚しきれていなかった自分は、、、、その時点では、「夜のピクニック」気分であったと告白してしまおう(すみません)。

 テレビでは、地震のニュースがずっと流れていた。

(つづく)

| | Comments (0)

March 16, 2011

3/11 震災(その5)

 横浜スタジアムに向かう。

 風がびゅうびゅう吹いて寒いのなんの。
 ネックウオーマー持ってくればよかったな。手袋があるだけマシだけど。

 横浜スタジアムは、照明が明るくグラウンドを照らしていた。野球の試合でもやってるの?かと思ったら、グラウンドが避難場所になっていて自由に入っていいのだそうだ。
 バックスクリーンの大画面でニュースをやっていたので、ひとまず、グラウンドに座り込みながらニュースを見る。

 戦争かもと思ったのは、さほど遠くない想像だった。有事でしょ。これ。

 「横浜アリーナ」と「パシフィコ横浜」を避難場所にするよう横浜市(神奈川県?)が要請しているというアナウンスが入ってきた。こういうとき、スマートホンでtwitterとかできると便利なんだろうな。
 さっそく、「パシフィコ横浜に行こうっと」と立ち上がる男性がいた。
 横浜スタジアムは寒いので長居はできない。

 自分は、暖かかった記憶につられ、神奈川芸術劇場(KAAT)に向かう。少し海のほうなんですけど。印象が良かったので、いけるところまで、そこに居ようと考えたのです。うまくすれば、朝まで置いてもらえるかも、、、という期待があったのはいうまでもありません。

 KAATの1階ロビーには、10人くらいの人が椅子や階段に腰掛けて、大画面のニュースを見ていた。
 おだやかな空気で居心地がいい。

 し・か・も、、、、階段の隅っこに腰を下ろしてみたら、なんと、温風が出てる!暖房の出口が階段の端のほうにあるんですね~。うううう。あったかい。

 どのくらいの時間、ニュースを見たか覚えてない。ぼんやり見ていた。

 職員らしき男性が、
「ここが避難所になりました。5階のホワイエに今場所を作っています。もう少しお待ちください。」
、、、たぶん、そんなようなアナウンスをしてくれた。

 ここは、県の施設だったのか。NHKが入ってるからNHKのビルなのかなーと思っていた。
 いずれにしろ、ありがとう!神奈川県!

 もう、うるうるですよ。
 
 
 

| | Comments (0)

March 15, 2011

放射性物質と放射線

 原発事故の「何が危険なのか」がよくわからない、という人は実は多いと思います。

 放射能は怖い。身体に悪いらしい。

 多くは漠然とそんなものでしょうか。

 そこで、ここで知識を整理してみます。

0. 放射線は放射性物質(セシウムとか要素131とか)が出す。
  ※放射線、放射性物質は分けて考えましょう。

1. 放射線を浴びた際の危険度は、「放射線の(単位面積あたりの)強さと浴びる(被曝)時間」と関係している。
  ※強い放射線ほど危険。浴びる時間が長いほど危険。

2. 放射線の強さは、放射線を出す物質(放射性物質)からの距離の2乗に反比例する。
  ※近くに放射性物質があると、放射線は強くなり、ちょっと遠くなるだけでグンと弱くなる。

 大事な知識は以上の3点です。

 したがって、放射性物質が原発内にとどまり外に出ないならば、原発から離れた場所では放射線は極端に弱くなるため、危険は全くなくなります。

 しかし、現在は、どの程度かわかりませんが、放射性物質が原発から漏れ出し、風にのって飛んできています。

 ここで危険度がグンと増えます。

 たとえ微量であっても放射性物質を体内に取り込んでしまうと、身体の内部に密着した状態(距離ゼロ!)で放射線を出し続け(被曝しつづける)ことになるからです。これを内部被曝といいます。
 ※レントゲンは、決して弱くない放射線をあてますが、ごく短時間ですので、健康に害は出ない。それのまったく反対の現象です。

 それで、「外出するときは肌の露出を避けてマスクして傷を隠せ。」と言われるのです。

 よく
「通常の40倍の放射線が観測されたが、いますぐに健康に害がでるレベルの放射線の量ではない。」
なんていうコメントが報道されますが、

「いますぐ健康に害が出るほど強い放射線が観測されたら、日本壊滅です。まだ、そこまではいってない。微量ではあるが放射性物質が飛んできている。内部被爆しないよう気をつけましょう。」

と読み替えましょう。

 個人的には、これらの原発関係の事実発表は、かなりコントロールされていて、パニックを避けるため都合の悪いことを小出しにしているように見えます。
 10000人中1000人死んだら少しおおごとだが、10000人中100人程度の死者ですめば、まー上出来な解決なんじゃないの?くらいな予測をたてているようにしか見えない(東電、政府)。

| | Comments (0)

中止にする英断・決行する英断

 今回の災害では、あちこちでイベントが中止になっている。
 
 今月、自分の参加する予定だったコンサートも2つ(ソロコンサート@横浜、月田さん@ゆめりあ)、中止になった。
 いずれも、わたしはいち演奏者として関わっている立場だから、「中止にします。」といわば一方的に告げられた側である。

 これまでも、予定していた仕事を身勝手な理由で事実上一方的にキャンセルされたことは、何度かある。そのたび、舐めた扱いをする相手に対し、「仕事またもらえるかもしれないし」と一生懸命、我慢をするわけだ(悪循環ですけどね)。サラリーマンと一緒ですよ。

 しかし、今回の「中止にします。」は、当然だと思う。

 ソロコンサートのほうは、地震の直後ということもあり、交通機関がマヒしていたので、お客さんも来られないだろう、さらに、仮に開演したとしても、演奏中に余震がきたら危険だ、だから中止、という判断である。
 自分のコンサートに来てくれたお客さんを危険な目にあわせる可能性があるとしたら、、、、と考えると、自分の意見も「中止で当然」となる。

 もうひとつのほうは、主催者なのかホールなのかわからないが、「今月は自粛」という判断なのだそうだ。
 こちらは、、、当初、「自粛」の理由を「被災者のことを考えるとイベントどころではない」ということと想像し、それならそれもわかるな、という感じであったが、福島の原発が壊れて、有事の色彩をおびてきた今となっては、早い決断を下した主催者(ホール?)はすごい!と思う。
 当初の思惑は知らないが、いまは「危険な可能性があるので、やらない」とも言えるからだ。

 ごく個人的な感情としては、仕事がなくなると収入も減るし、その点では非常に残念なのだが、「大勢の人を集める」ことに伴う責任を考えると、これでよかったのだと思う。

 今後のコンサートはどうなるのかわからない。
 中止にする英断があるなら、、、、、決行する英断もあるのかもしれない、、、、わたしにはないけど。
 あ、でも、コンサートどころか、日本がなくなってたりして、、、、、。

 あくまで一般論ですが、「いまそこに危険が迫っている」ということを自覚しながら、承知の上でお出かけになるのは、自己責任ですからね。わたしも演奏に出掛けるときには、「承知のうえで」覚悟を決めていきます。

 いつも演奏は一期一会なんて思っていましたが、シャレにならない話です。

※ もはや、余震がどうというより、原発からの放射能が深刻な問題。官房長官は半径30kmとか言ってますけど。なわけないだろー。原発自体も危機管理が甘い設計しやがって。頭悪いか無責任かどっちかだな。

| | Comments (0)

March 14, 2011

3/11 震災(その4)

 ※ 今日(3/14)も一日、ラジオを聞いていましたがニュースを耳にするにつれ、とんでもない災害だったのだとわかってきました。

 さて、3/11(金曜日)の話です。

 交通機関もマヒしているし、コンサートに来るお客さんもそう多くはないだろうと思いましたが、念のため主催者の方は開演時間までは会場にとどまり、お客さんに中止になった旨を伝えてくれることになりました。
 
 わたしは、居場所を確保したいと思い、まずは関内駅に向かいます。

 途中に神奈川芸術劇場があり、誰でも入ってよさそうだったので、入ってみます。
 寒い外から入るとあったかい、、、。

 大画面テレビで災害の様子を伝えていますが、まだ、ここまで恐ろしいできごとがあったとは実感としてわかりませんでした。ただ電車が動かないということが困ったもんだというくらいの意識です。
 とりあえず、困ったらここに来よう、と、めぼしだけつけて、すぐ、また関内に向かって歩き始めます。

 、、、、、 関内駅近くのネットカフェが入っているビルは営業をしていませんでした。

 途方に暮れ、、、、、お腹すいたし、ビールでも呑んで休みたいな、、、、お、日高屋があるじゃん。
 しかし、、、、、日高屋も営業中止です。

 吉野家とマクドナルドくらいしかない、、、、。
 ビールはあきらめて吉野家で、わりきった食事をすることにしました。

 並とたまごとみそしるで480円。
 
 吉野家(滞在10分)を後にして向かった先は、横浜スタジアムでした。

| | Comments (0)

3/11 震災(その3)

 「今日は中止にしましょう。」
 
 大きな地震が東北であり、その影響で首都圏の電車は全部とまっているからお客さんも来場不可能だし、そして、まだ余震の危険があるので、コンサート中止がすんなり決定しました。というか、わたしが会場に到着する前にすでに中止は決定していました。

 この状況で演奏するのは精神的にも体力的にもキツイなと思っていたので、正直なところ半ばホッとしながら、すでに会場にいらしていたお客さんや関係者に挨拶。

 ニュースでは終日JRは動かないという話をしているので、帰宅は早々にあきらめます。

 どこか寒くなく寝られるところを探さないとなー。ネットカフェかなあー。と思いながら会場を後にしました。

 海風がびゅうびゅう吹いて飛ばされそうでした。

(つづく)

| | Comments (0)

March 13, 2011

3/11 震災(その2)

 15:00に会場入りの予定が大幅に遅刻なので、主催者に携帯電話で電話し続けますが、呼び出し音すらなりません。手当たり次第に関係者に電話しますが、どれもつながりません。
 この携帯全盛の時代に、公衆電話に人が群がっていたのは、そういうわけだったのか・・・・。

 「やはり普通ではない。」

 ともかく、会場に向かって歩きはじめました。
 
 ありがたいことに「ソロギターコンサート」ということで企画していただいたので、30枚もCDをデイパックに入れて背負っています(そんなに売れるわけはないのですが、種類が多いので)。譜面台と足台も。重いっすよ。
 
 15~20分くらいで到着、、、のつもりでしたが、途中で不安になり、別の人に聞いたら、1時間近くかかるのでは?との答え。

 「この際、最悪でも開演までに到着することが大事。」
 「この辺て雰囲気がブエノスみたい。」

 とか、思いながら、ひたすら歩き続ける。

 開演50分前の17:10ころ会場に到着!

(つづく)

| | Comments (0)

3/11 震災(その1)

 3/11(金)の震災で被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

 わたしは、横浜でソロギターのコンサートに向かっていました。

 横浜駅から地下鉄・みなとみらい線へのエスカレータを降りている途中で、ぐらんぐらんきました。15:00ちょい前でした。
 最初、「なんだよ、このエスカレータやけに振動がすごいな調子悪いのか?」と思いましたが、地震でした。(調子悪いどころかあの振動で動き続けたエスカレータは性能が良かった。)

 地震の影響で、電車は動きませんでしたが、「いつものことだし、すぐ復旧するだろう」と、運行再開を待ちました。数分後、また地震が。

 30分ほど駅構内にいましたが「駅を封鎖します。出てください。」ということで構内にいた人はみな外に出されました。

 横浜駅の外に出ると、人でごった返していて「これは有事か?戦争でも始まったか?」と思いました。

 土地勘がないので、会場までの距離がわからず、とりあえずバスで行くかタクシーで行くか、と乗り場を探し彷徨しましたが、バスは17:00にならないと来ないという案内がある上に、1000人以上確実にいると思われる長蛇の列で、もうバスは無理と判断。
 タクシーもこの様子では無理そう。

 近くにいた会社員風の男性に「中華街のあたりってここから徒歩でいける距離でしょうか?」と聞くと、「行ける行ける。15~20分くらいですよ」という答え。
 なーんだ、近いんじゃん、と思い、歩きはじめたのが、すでに16:00をまわったあたりでした。

(つづく)


 

| | Comments (0)

March 07, 2011

ギター教室 441

 ギター教室の話題。

1. 拍の感覚がない。
2. 拍の表はわかるが、裏がわからない。
3. テンポ感がない。

 リズム感が悪い、という場合、以上の3点のいずれかが苦手であることが多いです。
 このうち、1,2(ビート感)の問題と比較すると、3のテンポ感は、そう重要ではありません。

 これに「身体の運動」を自覚的にリンクさせられれば、多くの場合は、改善してきます。少なくとも表向きはまともに見える程度には・・・・。
 この話は、ギターに限らず、歌も含めた楽器全般に言えることです。

| | Comments (0)

3/11(金)ソロギター@横浜(ゲスト・峰万里恵さん)

 ソロギターに加え、歌+ギターも聴いていただけるコンサート。
 
 ソロギターの特徴は、メロディと伴奏を同時にひとりで弾く、という点にあります。そこが魅力であり難しさです。
 
 歌とギターの組み合わせは、この点、「歌が主旋律、ギターは伴奏+対旋律」という役割になるので、ずいぶんと事情が違ってきます。ギターにとってみれば、主旋律を弾かなくても曲のフォルムは保てるわけですから、相当な自由度が与えられます。
 同じ曲を演奏するのでも、切り口が違うので、ソロギターとは違う面での魅力が出ます。編成がスカスカな分、即興的な切り込み方もしやすくなり、歌とギターの意志の交換もダイレクトになってきます。

 そんなわけで、いま、最終的な演奏(歌の伴奏)の検討をしています。タンゴのコンサートということですが、1曲だけフォルクローレ、クーチー・レギサモンのアルゼンチンサンバも演奏します!これがまたモダンでいいの。

 みなさまのご来場をお待ちしています!

http://homepage3.nifty.com/bordona/live.html

| | Comments (0)

3/6 ソロギター@浦和

 ご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

 マイクなしで演奏するのは、やはり、いいですね。演奏しやすいです。
 ギターって簡単そう、と言っていただけるよう、1000倍(気持ちね)努力していきたいと思います。

 ご感想はさまざまだと思いますが、自分の反省をまとめておきます。
 ギターファンには参考になるかも。ならない?

良かった点:
1. アディオス・ノニーノで大きな事故がなく弾けた。
2. メロディに感情を入れて表現できた部分は、及第。。

ヘボな点:
1 暗譜にこだわり、おかげで精神的にも体力的にも疲労が倍増。ミスも多い。自分の小心者なところは自覚したので、今後は、ちょっとでもヤバイものは譜面見て弾きます。 
2. MCがつまらない。話さないほうがよかったかも!少なくともマイクを使うべきでした。声小さいんだし。


 改善の方策が決まったら、有効かどうか検証していきたいと思います。


| | Comments (0)

March 03, 2011

新作CD「El viaje」できました。

 本日、手元に届きました!新作CD。

 BORDONAレーベル第7作です。
 
 終わってみれば「完成してよかった」という感想が第一にくるのですが、構想、下準備、編曲・演奏、とCDの核心部分だけでも膨大な時間が必要で、長い道のりを経てようやくたどりついたんだなあ、という疲労感(少しだけ感慨も)もあります。

 一朝一夕にはできない内容であろう、、という意味では、一定の価値があります。

 一段落したところで、またここで初心に戻ろうと思います。
 原点は、音楽をはじめた時のワクワクするような創造的な気持ちです。
 
 芸能的な意味で成功することは、自分の目的ではない(※)。
 とにかく、巧くなりたいし、真にいい音楽を作っていきたいです。

※ 一言でいえば「人気がある(お金を稼げる)から偉いのではなく、いい音楽を作れるから偉い」という考えを基準にしています。両立する人もいるんでしょうけど、それは想像を絶する才能と努力の結果、両立できているのだと思います。わたしは、後者をめざしています。あっ、でも、たまには儲けたいですけど!!

| | Comments (0)

March 02, 2011

ギター教室 440

 ギター教室の話題。

 気の持ちようの話。

 似て非なる言葉、「勘」と「当てずっぽう」。

 「勘」は、とてつもない練習の結果、身につくものであり、いわば「必然」であります。
 「当てずっぽう」は、身についていない何かに頼る「偶然」、、、、。

 つまり、練習とは究極的には「勘」を養成するための訓練なのです。
 
 野球では、はたから見て恐ろしいようなサードライナー(とても強い・・・)を瞬時に反応して捕球、、、なんて技は、そういう状況に慣れていないとできません。わたしなら逃げます。かっこ悪いけど訓練してない人は逃げたほうが安全です。
 しかし、本気で野球をする人は、怖さに耐えて練習するわけです。その結果、野球らしいかっこいいプレイができる。

 ギターは、その点、身体的な危険がない分、気楽すぎて、危機感が持ちにくいですね。

 だから、「本当に危険だ」という意味ではない仮想の「危機意識」を自立的に持たないと「当てずっぽう」から脱却するのは難しいでしょう。

 仮想の「危機意識」を持ち続けるのは結構しんどいことです。

 上達する人(=勘を身につけた人)は、ここを厳しく律しています。

| | Comments (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »