« 「El viaje(タンゴとギター 3.)」ジャケット | Main | ギター教室 440 »

February 27, 2011

ギター教室 439

 ギター教室の話題。

 レッスンでは、以下の両方についてアドバイスしています。
 自宅でも、ここを優先させて練習しましょう。

 身体的な練習:

1. 練習結果を評価しながら、すすめる。
2. 評価の結果、新たな課題が発見されれば、それを練習に組み込む。組み込めない場合は、宿題として、先送りする。
3. 宿題を除いた部分で、結果を評価しながら、クリアできる課題のみ完成させる。
4. 宿題とした部分は、別メニューで解決していく。

 課題曲の分析:

1. メロディ、フレージング
2. 和声、構造
3. 指使い、ポジション移動(左) 
4. 指使い、腕の動き(右)

 以上のことは、取り掛かりやすく効果が上がりやすい事柄だから優先事項としています。
 そして、これがしっかりできれば、人前で堂々と披露できる程度のレベルにはなります。

 譜面(タブ譜)を買ってきて弾く、という程度のレベルなら、以上の60%程度の訓練で結構楽しめるようになります。
 
 ただ、それ以上を望む方は、音楽は、知的な技能の集合体であり、相応の試行錯誤(=失敗、成功の経験)を経ないとわからないことが多いということを知っておきましょう。
 経験は、自分自身がしないといけないことです。だから意味があります。
 わかりきった練習には効率も必要ですが、未体験のできごとに効率を求めるのは、ナンセンスです。それでは経験にならないからです。効率の悪さも含め経験です。

 わたしも、まだまだ経験が足りません。反省と発見の日々です。でも、経験の足りなさを実感するのって、結構幸せな瞬間ですね。まだ伸びしろがあるってことですからね。(退化してたら嫌ですが・・・・)

|

« 「El viaje(タンゴとギター 3.)」ジャケット | Main | ギター教室 440 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「El viaje(タンゴとギター 3.)」ジャケット | Main | ギター教室 440 »