« finale2011(バージョンアップ) | Main | finale2011(その1) »

February 11, 2011

ギター教室 438

 ギター教室の話題。

 ギターを弾くためには、「音を出す瞬間」以外にどういう動作をしているかが重要です。
 「より正確に、イメージを表現したい」と考えるなら、すべての動作に意味のあるコントロールがなされている必要があります。
 
 それで、細部まで解説しながらレッスンをするわけですが、生徒のみなさんが即、その場でできるということは、まずありませんね。身体が言うことをきくまでには、相応の練習が必要です。
 それだけ、日常的な身体の使い方とは異なる運動が要求されるということです。

 たとえば、ギターを弾くのにすごく疲れるというのは、日常使い用の筋肉にギターを弾く動作をさせているからです。そんなやり方で巧くなろうというのは不可能です。
 だから苦しくても正しいフォームで弾きながら必要な部分を鍛えていくことが大事です。

|

« finale2011(バージョンアップ) | Main | finale2011(その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« finale2011(バージョンアップ) | Main | finale2011(その1) »