« finale2010(その14) | Main | 松山にて »

August 06, 2010

finale2010(その15)

 「Por una cabeza」の譜面づくりの続き。

 音符は、自分のフレージングを再現するように入れました。一次情報(編曲のねらい)を可能な限り、そのまま伝えるためです。

 自分自身の本来の見解では、そんな譜面(歌いまわしまで譜面化するなんて!)はタンゴの本質をはずしているのですが、自分の音楽は「タンゴを題材にしたギターミュージック」である、と考えれば、それは、逆に積極的にやるべきことだと思えてくるから不思議です。

 この譜面のデータをfinale2010のVST音源で鳴らすと、自分が弾いてるのにそっくりでびっくりします。

|

« finale2010(その14) | Main | 松山にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« finale2010(その14) | Main | 松山にて »