« May 2010 | Main | July 2010 »

June 30, 2010

「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」

 映画館で映画を観るのは、昨年の「Fado」以来・・・・。ネットで情報を見たら、上映期間が短そうだったので、昨日、あわてて?渋谷のBunkamuraで観てきました。

 ※実は7月いっぱいは上映しているそうです。興味のある方はぜひご覧ください。

 マエストロたちの生のタンゴ演奏の現場を覗くことは、普通はなかなかできないことですので、面白かったです。
 
 ただ、一曲一曲が短く編集されているのが残念でした。もっと、じっくり聴きたかったな~。映画という制限時間のある媒体ですから仕方ないのですが。
 個人的な趣味、ギター好きとしては、アニバル・アリアスの歌伴をもっと聴かせろ~~~って思いましたよ。オスバルド・モンテスとのデュオが、観て聴けたのはよかったですけど。
 
 でも!大事なのは、こうした作品を作りあげて、人々の目にふれるように残すことですね。貴重な作品だと思います。

 サッカーの青いレプリカユニフォームを着た若者であふれるセンター街を彼らと逆方向に歩いて帰ってきました。

 
 

 

| | Comments (0)

June 27, 2010

Fadoライブ ありがとうございました!

 昨夜、渋谷・カフェドモミュで、ライブでした。

 音楽好きの集まる昔懐かしい雰囲気のお店。
 TAKUさんとともに全力で演奏させていただきました。ポルトガルギターもきらきら鳴っていました。

 湿度の高い中、ご来場くださったみなさま、どうもありがとうございました!
 再演は9月11日です。新しいレパートリーもおりまぜて楽しくやりたいと思います。

| | Comments (0)

June 24, 2010

Fado ライブ(6/26)

 先週までの疲労がようやくとれてきました。やっぱり、寝るのが一番ですね。寝不足はいけません。

 元気が出ないと練習もあまりできないし、まして制作活動やブログも更新できないし、やはり疲れをとるためにしっかり休むべきですね。
 で、昨日、13時間くらい寝たらだいぶ元気になってきました。、、、、しかし、13時間も、、、、自分でもびっくりです。よく寝たなあ。

 さて、今週の土曜日(6/26)、渋谷のカフェドモミュで、高柳卓也(TAKU)さんとFadoのライブをします!
 
 ファドの基本スタイルは、歌+伴奏ギター(普通のギターです。)+ポルトガルギター(普通のギターとは違う楽器で、ファド用の複弦楽器)の3人編成ですが、TAKUさんはギターを弾きながら歌うので、わたしと二人で演奏できるのです!

 ってまあ、いばるほどのことではないですね・・・・。これも、リスボンではよく見かける編成です。

 普段は歌手のバックでもくもくとギターを弾いている男が、すっくと立ち上がり、自分も自慢の喉を数曲披露という感じで。(例: ジョルジュ・フェルナンドなんかギターもむちゃくちゃ上手いし、歌もしびれるし、さらにいい曲書くし、かっこいい代表格です。)

 そういうわけで、男二人で静かに燃えるFADOのライブをやります!
 みなさまのご来場をお待ちしています!!!

 http://homepage3.nifty.com/bordona/live.html

| | Comments (0)

June 17, 2010

6/15・16 鹿糠ちはる ファドライブ

 ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

 二日間で尻あがりに一体感が増していき、それがとても楽しいライブでした。

 先週のタンゴもだけど、最近、演奏が楽しくて、うれしい!

 共演者がみんなうまいから安心だぜ、というのと、安心しつつ全力で力を出し切る快感みたいなものがあるんだと思う。いいアンサンブルの「補い合い、加速しあい、盛り上げあい」は、「ならでは」の楽しさを味あわせてくれます。
 
 次回の鹿糠さんのマヌエルでのライブは、9月の後半の予定。確定したらご案内いたします!
 
 

| | Comments (0)

June 16, 2010

ライブのご案内(鹿糠ちはる)

 6/15,16と二日連続で、鹿糠ちはるさんと四谷のマヌエルに出演します。
 6/15のライブは楽しかったですよ~!明日はまた違った意味でいい感じになる予感。

 明日6/16は、まだお席が少しあるようなので、よかったら是非お誘いあわせの上ご来場くださいね。直前でもお店に電話していただいてからいらっしゃると確実です。

http://homepage3.nifty.com/bordona/live.html

| | Comments (0)

June 14, 2010

先週は

 タンゴの仕事で関西に行ってきました。竹内永和さん(ギターの先輩です)のトラ(エキストラ≒代打)の仕事でしたが、とても楽しく、やらせていただきました。

 歌、ダンス、演奏と総合芸術と呼ぶのにふさわしい陣容で、まあ、それはそれはプロフェッショナルなショーでした。全体をみんなで作っているのが気持ちよくて、すごくいいアンサンブルとなっていたと思います。

 まあ、あくまでもトラですので、竹内さんの顔をつぶさないように~、一生懸命やってきました。

 それはともかく、せっかく啓発の機会を与えていただいたわけですし、これを機に、今後は、「バンドネオンとギター」という活動もはじめようと思っています。編曲など準備にもうちょい時間が必要ですが、、、、いわば最小限編成のタンゴバンドです。楽しみですの~。

| | Comments (0)

June 07, 2010

譜面作成

 いままでは、Mac用のEncole(古い!というなかれ、すごくいいソフトです)で譜面作成をしていましたが、印刷屋さんにそのまままわせる譜面を作成するために、ついにfinale2010を買いました!まだ、手元に届いていませんが・・・・。

 performer(Mac用のシーケンスソフト)でMidiデータを作り、そのデータをWindowsマシンのfinaleで読み込んで譜面に仕上げるという手順でいこうと考えています。
 
 いっそのこと全部の環境をWindowsに移行したいのですが、performerは使いやすいので、なかなか他にいけません。目先のアレンジをこなすには、やはり使いなれたソフトを使うのが速いし。しかし、こちらも調査をして自分に使えそうなソフトを探していこうと思ってます。

| | Comments (0)

June 06, 2010

ギター教室 418

 ギター教室の話題。

 ここのところ、生徒の中で、力強くいい音を出す人が増えてきてうれしい限りです。

 「こういうイメージの音を出したい」と強く思うから、そういう音になるのですね。

 音楽(表現はみなそうですが)は、「こうしたいという思い。感じる心。」がないと「伝わるもの」にはなりません。
 感情のない人間はいませんが、感情のありようはさまざまです。その「各人のさまざまさ」が、あふれてくるといいですね。
 それがダイレクトに伝わるのもギターのよさで、好きなところです。

 さーて、弦かえよっと。

 
 
 

| | Comments (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »